ハネモ(読み)はねも

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハネモ
はねも / 羽藻
[学]Bryopsis plumosa C. Agardh

緑藻植物、ハネモ科の海藻で、体長15センチメートル前後。鮮緑色を呈し、繊細で柔らかい糸状体の一年生藻。和名は、1本の主軸の上半部両側に、対生する小分枝がきれいに並び、鳥の羽毛のようになることによる。形態は典型的羽毛形のものが多いが、なかには体が長く伸び、分岐する主軸枝だけが目だつ異状形のものもある。いずれの場合も体枝(管状枝)内に隔壁がなく、体内の原形質が連なる非細胞構造をとるのが特徴である。秋から翌年の初夏にかけて、内湾、外湾の浅所に生育する。とくに内湾産のものは異状形となる場合が多く、ときに大繁茂してノリ養殖に害を与える。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハネモの言及

【緑藻類】より

…(8)有隔多核体 シオグサ,バロニア,マガタマモ。(9)無隔多核体 イワヅタ,ハネモBryopsis,ミル。 ほとんどの緑藻類の細胞は細胞壁で囲まれるが,ドゥナリエラなどのように,細胞膜のみで,細胞壁を欠くものもある。…

※「ハネモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android