ハリモミ(読み)はりもみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリモミ
はりもみ / 針樅
[学]Picea polita (Sieb. et Zucc.) Carr.

マツ科の常緑高木。大きいものは高さ35メートル、径1メートルに達する。樹皮は灰褐色、老樹では浅裂し、小鱗片(りんぺん)状にはげる。葉は緑色で太く、長さ1.5~2.5センチメートル、剛強ですこし湾曲し、先端は針状で触ると痛い。雌雄同株。6月、開花する。雄花は枝先につき紅紫色、雌花は枝先に直立し淡緑色または淡紫色。球果は卵状楕円(だえん)形または卵形で長さ7~12センチメートル、径3~5センチメートル、10月ころ、光沢のある褐色に熟す。種子は倒卵状楕円形、長い翼がある。適潤地でよく育ち、緩斜面に生育することが多い。日本特産で、福島県から紀伊半島、四国、九州に分布する。名は、葉の形に由来する。材は緻密(ちみつ)、堅硬で容易に割裂し、建築、器具、楽器、パルプなどに利用する。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハリモミの言及

【トウヒ(唐檜)】より

…各大陸の亜寒帯林を構成する主要樹種となり,林業上重要な位置を占めるものも少なくない。針葉断面の扁平なトウヒ節とひし形になるハリモミ節に区別され,後者に重要なものが多い。日本産でも前者はエゾマツただ1種であるが,後者は6種を有する。…

※「ハリモミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android