ハルザキヤツシロラン(読み)はるざきやつしろらん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルザキヤツシロラン
はるざきやつしろらん / 春咲八代蘭
[学]Gastrodia nipponica (Honda) Tuyama

ラン科の腐生植物。地下に塊茎がある。葉緑素はなく、全体が茶褐色。5~6月、高さ3~4センチメートルの花茎を出し、先端に長さ約2センチメートルの花を、通常2個つける。萼片(がくへん)は合着し、花はほとんど開かない。花茎は花期後、伸長する。常緑樹林の林床に生え、本州の暖地、および四国から沖縄に分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハルザキヤツシロランの言及

【オニノヤガラ(鬼の矢幹)】より

…ナヨテンマG.gracilis Blumeはまれにしかない植物で,小花柄が子房よりも長い。ハルザキヤツシロランG.nipponica (Honda) TuyamaとアキザキヤツシロランG.verrucosa Blumeは,草丈が花時10cm未満の小型の植物である。【井上 健】
[薬用]
 根茎を漢方で天麻(てんま)という。…

※「ハルザキヤツシロラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android