コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルマヘラ海 ハルマヘラかいLaut Halmahera; Halmahera Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルマヘラ海
ハルマヘラかい
Laut Halmahera; Halmahera Sea

太平洋の縁海の一つで,インドネシア東部,マルク (モルッカ) 諸島ハルマヘラ島の南東方の赤道直下にある海域。北は太平洋,南はセラム海に接する。この海域の主要部を構成するハルマヘラ海盆は平坦な海底で,最深部は 2039m。堆積物はグロビゲリナ軟泥,砕屑性泥とサンゴ泥が一部に分布する。岩盤は海嶺上や海閾上に露出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハルマヘラ海
はるまへらかい
Laut Halmahera

インドネシア北東部、ハルマヘラ島と西イリアンニューギニア島西部)との間にある海域。北部は太平洋と接し、南部はセラム海に通じ、中央を赤道が通過している。水深は200~2000メートルと変化に富むが、大部分は1000メートル以上の深さである。海域には数多くの小島が散在している。海域を流れる海流は、北半球が高日季の場合は北へ、低日季は南へと季節によって変化する。またカツオマグロの好漁場でもある。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone