ハンドル

精選版 日本国語大辞典「ハンドル」の解説

ハンドル

〘名〙 (handle)
① 機械や器具を動かし、また操縦するために、人が握って力を加える輪状または棒状の突出部。把手(とって)。柄。
※舶用機械学独案内(1881)〈馬場新八・吉田貞一〉後「其中央に軸を取り附け之を管の両側に架し其一端に搬把(ハンドル)を設けて」
② 特に、自動車・自転車や列車などの、方向を調節するためのもの。また、それを操作すること。
風俗画報‐二三〇号(1901)人事門「此の汽車は、前後にハンドルの機関車を設け」
多甚古村(1939)〈井伏鱒二〉大田黒氏失態の件「見通しがきかなくてハンドルが危ない」
③ ドアの握り。ノブ。把手。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉三「戸を半分程開けた〈〉片手に握り(ハンドル)を把った
④ 女性の手を握ることをいう、不良仲間の隠語
※浅草紅団(1929‐30)〈川端康成〉二「ハンドル(手を握ること)ぢゃあっけないや」
⑤ (アマチュア無線やパソコン通信などで) 発信者を表わす情報。特に、本名の代わりに用いる呼び名。ハンドルネーム

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「ハンドル」の解説

ハンドル

ニックネームインターネットのBBSチャット、電子メールなどで使用されるニックネームのこと。ハンドルを名乗ることによって、個人情報を明かすことなくコミュニケーションを取れる。BBSチャット取っ手図形などのオブジェクトを選択したときに、に表示される取っ手のこと。ハンドルをつまんで自由に変形できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android