(読み)エ

デジタル大辞泉の解説

え【柄】

手で握りやすいように、道具類につけた棒状の部分。取っ手。「ひしゃくの
キノコの、傘を支える部分。また、葉柄や花柄。

がら【柄】

[名]
からだつき。体格。「が大きい」
その人に本来そなわっている品位・性格。「人のことを言えるではない」「が悪い」「に合わない」
布・織物などの模様。「はでな
[接尾]名詞に付く。
そのものの品位・性質の意を表す。「土地がうかがわれる」「家」「作
それに相応して、の意を表す。「時節御自愛ください」「仕事こういうことは詳しい」
[下接語]間柄家柄歌柄大柄男柄女柄・木柄・句柄国柄声柄子柄小柄心柄骨柄事柄作柄品柄縞(しま)柄新柄図柄総柄染め柄珍柄続き柄角柄手柄所柄花柄日柄人柄身柄銘柄紋柄矢柄役柄訳(わけ)柄

つか【柄/×欛】

《「束(つか)」と同語源》
刀剣などの、手で握る部分。
の軸。ふでづか。

へい【柄】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘイ(漢) [訓]がら え つか
〈ヘイ〉
器物の手で握る部分。え。とって。「斗柄葉柄
手中に握る権力。勢い。「権柄国柄執柄
とらえて材料にするもの。「笑柄談柄話柄
〈がら〉「間柄家柄国柄事柄図柄(ずがら)手柄身柄矢柄
〈え〉「長柄
[名のり]えだ・かい・かみ・もと
[難読]柄杓(ひしゃく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つか【柄】

刀剣を握りつかむ部分。奈良時代蕨手刀(わらびでのかたな)や平安時代毛抜形太刀(けぬきがたのたち)など,一部には刀身と柄を共造りとしたものもあるが,一般には刀身の茎(なかご)を木で覆い,鮫皮(さめかわ)を着せ,革や組糸柄巻(つかまき)を施したものが多い。古墳時代には頭を環頭,頭椎(かぶつち),圭頭(けいとう)にして金銅板で包んだ柄を見るが,奈良時代では正倉院のものに木地のままとしたのがある一方,金銀鈿荘唐大刀のように鮫皮を着せ,柄頭(つかがしら),縁金物(ふちかなもの),手抜緒(てぬきのお)を付けたのもあって,後世の儀仗用の飾大刀(かざりたち)の範となったものもすでに存在していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

え【柄】

〔「枝」の転とも〕
手で持ちやすいように、器物につけた細長い部分。取っ手。 「傘の-」
きのこのかさを支える部分や葉・花・果実を茎や枝につけている部分。

から【柄】

同じ血のつながりをもつこと。血縁関係にあること。「うから(族)」「やから(族)」「はらから(同胞)」などの複合語として用いられる。
本来備わっている性質。本性。また、そのものの由来するところ。「やまから(山柄)」「かむから(神柄)」などの複合語として用いられる。 「讃岐の国は国-か見れども飽かぬ神かむ-か/万葉集 220
(多く「からに」の形で)ある事柄の原因・理由を表す。 「手に取るが-に忘ると海人あまの言ひし恋忘れ貝言にしありけり/万葉集 1197」 → からにものから

がら【柄】

〔「から(柄)」と同源〕
[0] ( 名 )
から転じて、名詞として用いられるようになったもの〕
体格。体つき。 「 -の大きな子」
その人や物の基底にあると思われる性質。 「社長の-ではない」 「 -が悪い」
模様。 「花-」
( 接尾 )
名詞に付いて、そのことに本来備わっている性質・状態を示す。また、そのことから予想されるとおりの状態であることを示す。 「土地-」 「時節-」 「商売-」
[句項目] 柄にもない

つか【柄】

刀剣などの、手で握る部分。
筆の軸。

へい【柄】

( 接尾 )
手に握り持つ刀剣・槍・扇などを数えるのに用いる。 「中等扇三-、某先生携へ帰る/孔雀楼筆記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


つか

刀剣の手で握る部分の名称。『古事記』に「十握剣(とづかのつるぎ)」の記述があり、これは10の手で握れるほど柄の寸法の長い剣という意味であるが、鎬造湾刀(しのぎづくりわんとう)の日本刀が完成する平安中期以前の直刀(ちょくとう)の柄は、中国大陸のものと同じく片手で握る寸法であり、それ以後双手(もろて)で握る寸法となった。奈良、平安時代のものは、一部には刀身と柄を共造りにした例もあるが、多くは刀身の茎(なかご)を木で覆い、鮫皮(さめかわ)を着たものになる。なかには金銅の薄板を張ったもの、革や布を着せて漆を塗ったもの、錦(にしき)を着せたものもある。桃山時代までの太刀(たち)、打刀(うちがたな)の柄は、木に鮫皮を着せて黒漆で塗り、糸または革で巻き、兜金(かぶとがね)や縁金物(ふちかなもの)を施すのが基本であった。江戸時代には装飾性が重視され、柄巻も平巻、菱(ひし)巻、片手巻、つまみ巻、捻(ねじ)り巻などくふうがなされ、色も黒、白、紫などの単色のほか数色の組合せも行われ、縁頭(ふちがしら)や目貫(めぬき)などにも凝った細工が施された。西洋の剣には双手柄は特殊なもの以外にはなく、ほとんどすべて片手柄で、銅または金銀の撚(よ)り線で巻いたもの、金属の柄に金銀を象眼(ぞうがん)したもの、さらに宝石を散らしたものなどもある。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

え【柄】

〘名〙 (枝(え)から転じたものといい、「え」は元来ヤ行のエ) 手で持つために、器物に取り付けた棒状の部分。取手(とって)
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「豈に法の庭に斧(をの)の柄(エ)、朽ちざらめや」
※枕(10C終)二〇一「ひさげのえの倒れ伏すも、耳こそとまれ」
※平家(13C前)一二「太刀のみね長刀(なぎなた)のゑにてうちなやしてからめとり」

かい かひ【柄】

〘名〙 基本となるもの。もとい。もと。
※古文孝経建久六年点(1195)序「孔子之世に当て周、其柄(カヒ)を失ひ」

かび【柄】

〘名〙 器具などについている、手で持ったり握ったりするところ。つか。え。〔観智院本名義抄(1241)〕

から【柄】

[1] 〘語素〙
① 同じ血のつながりを持つこと。血縁関係にあること。「うから(族)」「やから(族)」「はらから(同胞)」などと用いられる。
② その物に本来備わっている性質、性格。本性。また、そのものの由来するところ。「国柄(くにから)」「神柄(かむから)」「山柄(やまから)」などと用いられる。
万葉(8C後)三・三一五「み吉野の 吉野の宮は 山可良(カラ)し 貴くあらし 川可良(カラ)し 清(さや)けくあらし」
[2] 〘名〙 ((一)②から転じて) 原因、理由。→からに
※万葉(8C後)二〇・四三五六「我が母の袖もち撫でてわが可良(カラ)に泣きし心を忘らえぬかも」

がら【柄】

[1] 〘接尾〙 (「から(柄)」と同語源) 名詞の下に付いて、その物事の本来持っている性質、品格、身分などの意、また、それらの性質、品格、身分などにふさわしいこと、また、その状態の意などを表わす。「人柄」「家柄」「身柄」「続柄」「国柄」「場所柄」「声柄」「時節柄」などと用いられる。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「なほ同じやうにわびしく侍るは、ところからにも侍らず」
[2] 〘名〙 ((一)が、独立して用いられたもの)
① 体つき。なり。大小という面からいう場合に用いる。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉九「身体(ガラ)の小さい女蟹ばかり多くなったので」
② その人に本来そなわっている、また、その人の身なりや態度から感じられる品や性格。現代では多く、その人の現在の身分、地位、生活態度などにふさわしいかどうかという面からいわれる。→柄にもない
※承応神事能評判(1653)加茂「ただおしたての位を専とす、一番の柄(ガラ)をよく、物やさしく舞を本とす」
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉五「寧(むし)ろ虚喝(ほら)の方が持質(ガラ)にあるかナ」
③ 布、織物などの模様をいう。
たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一「がらを好みて巾広の巻帯」
[補注](二)②は「ひん(品)」に類似するが、「品」はその人の内面的に備わっているものをいい、「品がある/ない」という。それに対して「がら」は外に表われた印象からいうもので、「柄が良い/悪い」という。

へい【柄】

[1] 〘名〙 本質。根本。
※谷川士清宛本居宣長書簡‐明和二年(1765)八月四日「方今吾道之柄在足下手焉」 〔易経‐楚辞下〕
[2] 〘接尾〙 手に握り持つ、刀剣・槍・如意・扇などを数えるのに用いる。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「金銅四王像四躯〈〈略〉各着大刀一柄、三柄着別〈略〉又毘沙門天王横佩一柄〉」
※随筆・孔雀楼筆記(1768)四「中等扇三柄(ヘイ)、某先生携帰」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柄の関連情報