コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバラー ハーバラーHaberler, Gottfried von

2件 の用語解説(ハーバラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーバラー
ハーバラー
Haberler, Gottfried von

[生]1900.7.20. オーストリアウィーン近郊プルケルスドルフ
[没]1995.5.6. アメリカワシントンD.C.
オーストリア生れのアメリカの経済学者。ウィーン大学で 1923年法学博士号,25年経済学博士号を取得後,ロンドンハーバードの各大学に学んだ。 28~36年ウィーン大学私講師としてオーストリア学派第3世代の有力な一員となったが,36年以降アメリカに移住し,71年までハーバード大学教授 (のち名誉教授) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーバラー
はーばらー
Gottfried von Haberler
(1900―1995)

オーストリア生まれのアメリカの経済学者。ウィーン大学卒業後、ロンドン大学、ハーバード大学に留学。1928年からウィーン大学で教鞭(きょうべん)をとり、かたわら1934~36年国際連盟に勤務。1936年アメリカに移住し、以来1971年までハーバード大学で国際経済学を講じた。1950~53年国際経済学会初代会長。1963年アメリカ経済学会会長。主著『国際貿易論』Der internationale Handel(1933)において、古典学派の実質費用説にかえて機会費用概念を導入し、比較生産費理論の近代化に貢献した。第二次世界大戦後もガットの委嘱を受けてまとめた『国際貿易の傾向』Trends in International Trade(1958、いわゆる「ハーバラー・レポート」)をはじめ、貿易と発展の問題に積極的な発言を展開した。[村上 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーバラーの関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone