コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフォードシャー県 ハーフォードシャーHertfordshire

翻訳|Hertfordshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーフォードシャー〔県〕
ハーフォードシャー
Hertfordshire

イギリスイングランド南東部の県。県都ハーフォードグレーターロンドンの北に接し,ロンドン盆地の北部を占め,同盆地をかぎるチルターン丘陵とそれに続く白亜の丘陵が県の西部から北部にかけて連なる。南部と東部はロンドン粘土層を中心とする古第三紀の地層からなる低地で,漂礫土に広く覆われる。主要河川はリー川とコーン川で,南流してテムズ川に注ぐ。新石器時代青銅器時代の遺物が発掘されており,前54年ガイウス・ユリウス・カエサルの率いるローマ軍が侵入したときはベルガエ人の土地であった。ローマ時代にはウォトリング街道がこの地域を横切り,それに沿ってウェルラミウム(のちのセントオールバンズ)の町が発展。ローマ時代およびその後のアングロ・サクソン時代の遺跡が多数保存されている。ロンドンの郊外住宅地として発達し,1903年にはイギリス最初の田園都市としてレッチワースが建設された。北部と東部を中心に古くから穀倉地帯として知られるほか酪農も行なわれ,リー川の谷では園芸が盛ん。工業部門では長い伝統をもつビール醸造のほか,ウォトフォードを中心に製紙・印刷工業が発達し,ヘメルヘムステッドスティーブニッジなどのニュータウンには各種軽工業が立地する。面積 1643km2。人口 105万8600(2006推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーフォードシャー県の関連キーワードイーストハーフォードシャーウェリンガーデンシティーノースハーフォードシャーバーカムステッドミドルセックスダコラム

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android