コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオサイクル バイオサイクル biocycle

2件 の用語解説(バイオサイクルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バイオサイクル(biocycle)

資源を循環利用する生産方式。収穫した生産物を商品化する過程で生じる栄養価のある副生物を、肥料として畑に戻すなどの例がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオサイクル
ばいおさいくる
biocycle

これまで焼却、埋立て処分されてきた、事業所や家庭から出る生物由来のゴミを活用し、肥料や飼料、エネルギーなどをつくりだして循環利用する仕組み。資源の無駄を可能なかぎり少なくし、二酸化炭素の削減効果を相乗的に高めようとしている。
 実際にバイオマスとして利用できる有機性のゴミは、地域の地場産業の業種や廃棄物の処理方法によっても異なり、資源を有効に循環させるにはその地域固有の仕組みが必要である。たとえば、京都市では観光都市としてのバイオサイクルが、環境省の「地球温暖化対策技術開発事業」(2007年(平成19)~2009年)、ついで「緑と水の環境技術革命プロジェクト」(農林水産省、2010年度)、「高濃度バイオ燃料実証事業」(環境省、2009年度~2011年度)として継続的に研究されている。厨芥(ちゅうかい)類、京都特有の庭園や森林から出る廃棄物などを回収、分別する方法や、廃棄物からバイオディーゼルやバイオガスといったエネルギーを回収する技術を開発、市バスや清掃局などの車両の燃料や燃料電池に利用する実験もあわせて行われている。
 また、民間でも、サトウキビやイモ類など現地で生産された作物の絞りかすを燃料に、また、絞り汁から糖質を取り出したあとの液体を肥料として活用することでバイオサイクルを実現している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイオサイクルの関連キーワードセル生産方式傾斜生産方式生産性リーン生産方式傾斜生産モジュラー生産看板方式エネルギー生産資源の循環利用林トヨタ生産方式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオサイクルの関連情報