コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカナマコ バイカナマコ Thelenota ananas

3件 の用語解説(バイカナマコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイカナマコ
バイカナマコ
Thelenota ananas

棘皮動物門ナマコ綱楯手目マナマコ科。最大のナマコで,体長 70~80cm,体幅 11cm内外。全体が熟したトマトのような色を呈し,背面に暗褐色の斑点が散在する。背面の大きな疣足 (いぼあし) が数個ずつ基部でくっつき合って花形,星形になり,それらが不規則に散らばっているので,全体がパイナップル果によく似ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バイカナマコ【Thelenota ananas】

ナマコ綱マナマコ科の棘皮(きよくひ)動物。沖縄以南から西太平洋,インド洋に広く分布し,サンゴ礁にすむ。沖縄ではガジュマル,中国では梅花参と呼ばれる。体長80cm,幅10cm内外にもなる。全身が熟したトマト色で,とくに腹側が赤い。背面には褐色のまだらがあり,大きないぼ足が数個ずつ基部で合着して花形や星形になり,それらが不規則に散らばっているので全体がパイナップルに似ている。学名のananas(パイナップルの意)もここからきている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカナマコ
ばいかなまこ / 梅花海鼠
[学]Thelenota ananas

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱マナマコ科に属する海産動物。サンゴ礁産の巨大なナマコで、体長60~70センチメートル、太さ10センチメートルぐらいになり、1.2メートルの記録もある。体表に多数の大きな突起物があり、その形状がウメの花に似ていることから梅花の名がついた。また、全体の外観がパイナップルに似ていることから、学名ananas(パイナップル)と名づけられた。普通、赤橙(せきとう)色で、黄色または暗褐色の細点が散在し、突起のない部分は暗黄緑色を帯びる。食用として乾製品にされ、沖縄地方ではガジマル、中国では梅花参とよばれ、最高級品として取引される。南西諸島、東南アジア、南洋諸島、オーストラリア方面に広く分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイカナマコの関連キーワードオオイカリナマコクロナマコ海鼠白海鼠藤海鼠シロナマコ(白海鼠)ナマコ(海鼠)マナマコ(真海鼠)ムラサキクルマナマコ(紫車海鼠)ユメナマコ(夢海鼠)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone