コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイバルス物語 バイバルスものがたり Sīrah Baybars

2件 の用語解説(バイバルス物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイバルス物語
バイバルスものがたり
Sīrah Baybars

アラビア語の大衆小説。作者,成立年代ともに未詳。奴隷から身を起したエジプトマムルーク朝の名君バイバルスの数奇な生涯を中心とした物語。史実と虚構とが入り交っている。 16世紀初めのイブン・イヤースの史書にこの小説のことが記されているのが,文献にみえる最初とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイバルス物語
ばいばるすものがたり
Srat Baybars

アラビア語の英雄物語。中世イスラム世界の豪傑として知られるバイバルス1世(1223―77)を主人公とする。エジプトやシリアに伝えられる『バイバルス物語』(バイバルスの名ザーヒルをとって『アッ・シーラ・アッ・ザーヒリーヤ』、あるいは単に『アッ・ザーヒル』とよばれる)は作者や成立年代を特定できないが、14、5世紀ごろにエジプトでつくられたと推定される。民間の講釈師(ムハッダスあるいはラーウィー)によって語り継がれた際、内容に種々の改変が行われた。その内容は、バイバルスの生涯と業績をおもしろおかしく語ったもので、全部を語れば数夜に及ぶ長編である(エジプト版写本では全六巻10章の例がある)。刊本はごく少なく、校訂版はいまなおつくられていない。同種のものに『アンタル物語』『アブー・ザイド物語』『ヒラール部族物語』などがあり、講釈師を通じて中世・近世のアラブ庶民を楽しませていた。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイバルス物語の関連キーワードアラビア湾アラブ人アラビア馬アラビアンナイトアラブ大衆小説アラビア糊アラビアンライトアラビストハリール・ブン・アフマド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone