コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイバルス物語 バイバルスものがたりSīrah Baybars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイバルス物語
バイバルスものがたり
Sīrah Baybars

アラビア語の大衆小説。作者,成立年代ともに未詳。奴隷から身を起したエジプトのマムルーク朝の名君バイバルスの数奇な生涯を中心とした物語。史実と虚構とが入り交っている。 16世紀初めのイブン・イヤース史書にこの小説のことが記されているのが,文献にみえる最初とされている。 19世紀にはカイロやダマスカスでしきりに民間でもてはやされた。 1908~09年カイロで最初の刊行本が現れた。日本ではまだほとんど紹介されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイバルス物語
ばいばるすものがたり
Srat Baybars

アラビア語の英雄物語。中世イスラム世界の豪傑として知られるバイバルス1世(1223―77)を主人公とする。エジプトやシリアに伝えられる『バイバルス物語』(バイバルスの名ザーヒルをとって『アッ・シーラ・アッ・ザーヒリーヤ』、あるいは単に『アッ・ザーヒル』とよばれる)は作者や成立年代を特定できないが、14、5世紀ごろにエジプトでつくられたと推定される。民間の講釈師(ムハッダスあるいはラーウィー)によって語り継がれた際、内容に種々の改変が行われた。その内容は、バイバルスの生涯と業績をおもしろおかしく語ったもので、全部を語れば数夜に及ぶ長編である(エジプト版写本では全六巻10章の例がある)。刊本はごく少なく、校訂版はいまなおつくられていない。同種のものに『アンタル物語』『アブー・ザイド物語』『ヒラール部族物語』などがあり、講釈師を通じて中世・近世のアラブ庶民を楽しませていた。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイバルス物語の関連キーワードバイバルス(1世)アラビア語矢島文夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android