コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクスト バクストBakst, Léon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクスト
Bakst, Léon

[生]1866.2.8. グロドノ
[没]1924.12.28. パリ
ロシアの舞台装置家,画家。本名 Lev Samoilovich Rosenberg。 S.ディアギレフらと雑誌『芸術世界』を創刊。その後ペテルブルグの劇場で舞台装置・衣装を手がけるようになった。 1909年ディアギレフバレエ・リュスとともにパリに移り,大胆な構図とエキゾチックで鮮明な色彩によってバレエのためのすぐれた装置や衣装を創造,舞台美術の革命家といわれた。代表作は『シェエラザード』『火の鳥』『ダフニスとクロエ』『眠れる森の美女』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バクスト【Leon Bakst】

1866‐1924
ロシアの画家,舞台装置家。本名Lev Samoilovich Bakst。グロドノのゲットー(ユダヤ人街)で生まれ,ペテルブルグおよびパリで絵を学ぶ。やがてディアギレフを中心とする〈芸術世界グループ(1898結成)に参加し,ビアズリー調のさし絵を描いた。1909年にバレエ・リュッス(ロシア・バレエ団)が結成されるとバクストは舞台装置やコスチュームを担当した。09年から14年にかけての《クレオパトラ》シェーラザード》《カルナバル》《バラの精》ナルシス》《青い神》《タマール》《牧神の午後》《パピヨン》などの舞台は彼によって飾られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクスト
ばくすと
Lon Bakst
(1866―1924)

ロシア出身の画家、舞台美術家。本名ローゼンベルクЛев Самойлович Розенберг/Lev Samoylovich Rozenberg。白ロシアのグロドノに生まれ、パリに死す。ディアギレフ主宰の雑誌『芸術の世界』に同人として参加していたが、1909年ディアギレフがロシア・バレエ団を組織するや、同団初期の舞台美術家として活躍。『シェヘラザード』『バラの精』『牧神の午後』『眠れる森の美女』その他の衣装、装置などを担当、原色を大胆に使った色彩でパリの観客を驚かせた。また、『シェヘラザード』の衣装などは当時のファッションにも影響を与え、P・ポツレのデザインによる鳥の羽を挿した帽子はその例である。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバクストの言及

【芸術世界】より

…また,この雑誌に参加した知識人,画家グループの名称。ディアギレフベヌアを中心に編集され,D.S.メレシコフスキーらの文芸評論を掲載し,バクスト,セローフ,ソモフKonstantin Andreevich Somov(1869‐1939),ドブジンスキーMstislav Valerianovich Dobuzhinskii(1875‐1957)らの挿画で飾られた。西欧の同時代の芸術に刺激をうけ,反アカデミー,反リアリズムを指向し,1904年まで全12号を刊行。…

※「バクスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バクストの関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バクストの関連情報