コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクーニン バクーニン Bakunin, Mikhail Aleksandrovich

6件 の用語解説(バクーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクーニン
バクーニン
Bakunin, Mikhail Aleksandrovich

[生]1814.5.30. プレムヒノ
[没]1876.7.1. ベルン
ロシア無政府主義者トベーリ県の地主の家に生れる。ペテルブルグ砲兵学校を卒業後,一時将校として軍務についたが,1835年退役。モスクワで N.V.スタンケビッチサークルに入り,V.G.ベリンスキーA.I.ゲルツェンらと知合った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バクーニン(Mikhail Aleksandrovich Bakunin)

[1814~1876]ロシアの革命家。無政府主義者。1840年代、ヨーロッパ各地の革命に参加したが捕らえられ、シベリアに流刑。1861年、脱走して日本・アメリカを経て、ロンドンに亡命。第一インターナショナルに参加したが、マルクスと対立して除名された。著「国家制度とアナーキー」「神と国家」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バクーニン

ロシアのアナーキズム革命家。貴族出身。1848年の二月革命から1873年のボローニャ蜂起(ほうき)に至るまでヨーロッパ各地で数多くの革命に参加した。第一インターナショナルに加わったがマルクスと対立して除名され,ジュラ連合を組織。
→関連項目アナーキズムクロポトキンコスタ集産主義マラテスタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バクーニン【Mikhail Aleksandrovich Bakunin】

1814‐76
ロシアの革命家,アナーキズムとナロードニキ主義の理論家。貴族の出身で,軍人としての教育を受け将校となったが,1835年転身を望んで退役,36‐40年モスクワに移り,ドイツ哲学に親しんだ。その間,スタンケービチ,ベリンスキーらと交わった。40年からベルリン大学で学ぶうちヘーゲル左派を介して政治に傾き,《ドイツにおける反動》(1842)を著し,さらにプルードンワイトリング,レレベルらと接して,社会主義パン・スラブ主義への共感を強め,ついに亡命を決意した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バクーニン【Mikhail Aleksandrovich Bakunin】

1814~1876) ロシアの革命家・社会思想家。ヨーロッパ各地での革命運動に参加後、シベリア流刑。逃亡して第一インターナショナルに加入するが、マルクス派と対立し除名された。徹底した無神論と無政府主義の主張は革命運動に強い影響を与えた。主著「国家制度とアナーキー」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクーニン
ばくーにん
Михаил Александрович Бакунин Mihail Aleksandrovich Bakunin
(1814―1876)

ロシアの革命家。無政府主義人民主義の指導者。トベリ県(現、カリーニン州)の富裕な地主貴族の家に生まれる。砲兵士官学校を卒業後、一時少尉補として勤務したが、哲学にひかれて退役。モスクワに住んでスタンケービチのサークルに入り、ベリンスキー、ゲルツェンらと交わって、ドイツ観念論哲学、とくにフィヒテヘーゲルの哲学を学んだ。1842年ベルリン大学に留学、急速にヘーゲル左派に近づき、変名で論文「ドイツにおける反動」を発表し、真の創造のための革命的破壊を呼びかけた。1848~1849年の革命に参加し、ドレスデンの蜂起(ほうき)の指導者の一人となったが、ザクセンの官憲に逮捕されてロシア政府に引き渡され、禁錮(きんこ)刑ののちシベリア流刑となった。しかし1861年に脱出し、日本、アメリカを経てロンドンへ渡り、ここで旧友のゲルツェンやオガリョフとともに、ロシアの専制に抗して立ち上がったポーランド人民の反乱を支持し、ロシア国内の青年に革命を呼びかけた。1868年にはマルクスの創始した国際労働者協会(第一インターナショナル)のジュネーブ支部に加入したが、マルクスと対立し、1872年のハーグ大会で除名された。しかし、マルクスの考えを中央集権的な上からの社会主義として批判し、これに対して下からの自由意志に基づく連合と無政府を唱導した。このようなバクーニンの考えは、イタリア、スイス、スペインの社会主義とアナキズムの革命家に大きな影響を与えた。その後1870年のリヨンの蜂起、1874年のボローニャの蜂起に参加したあと、1876年7月1日スイスのベルンで病死した。主著に『鞭(むち)のゲルマン帝国と社会革命』(1871年執筆)や『国家制度とアナーキー』(1873年執筆)がある。[外川継男]
『外川継男・左近毅編『バクーニン著作集』全6巻(1973~1974・白水社) ▽左近毅訳『国家制度とアナーキー』新装復刊(1999・白水社) ▽E・H・カー著、大沢正道訳『バクーニン』上下(1965/新装版・1970・現代思潮社/オンデマンド版・2013・現代思潮新社) ▽ピルーモヴァ著、佐野努訳『バクーニン伝』上下(1973・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバクーニンの言及

【アナーキズム】より

…これに対し,アナーキズムに一定の社会組織のイメージと理論的基礎づけとを与えようとしたのは,19世紀中葉のフランスにおけるプルードンであったが,ここにはサン・シモン,フーリエ以来の社会主義思想の蓄積が生かされており,これを集産主義的アナーキズムと呼ぶ論者もある。同じような系譜に立ちながらも,国家と権威の否定をより強力に叫び,さらにはネチャーエフとの関係などでアナーキズムにテロリズムの色彩を与えさえしたのは,ロシアから出て欧米諸国に広く足跡を残したバクーニンである。彼は第一インターナショナルの中でのマルクスとの論戦を通じて,アナーキスト勢力を一つの党派にまでまとめ上げたといえる。…

【インターナショナル】より

…そして協会を,労働者階級の政治権力獲得をめざす強固な政党組織に変えようとした。他方,ジュラ地方(フランス東部),イタリア,スペインなどの支部は,国家を否定するバクーニンの強い影響もあって,〈反権威主義〉を唱え支部の自治を擁護した。両派は激しく対立し,3年ぶりで開かれ,初めてマルクスも出席した72年のハーグ大会でバクーニンらは除名された。…

【ナロードニキ】より

…その一つ,チャイコフスキーNikolai Vasil’evich Chaikovskii(1850‐1920)のサークルから70年代の主要な活動家がつくり出された。ラブロフの《歴史書簡》から,批判的に思惟しうる知識人は民衆に債務を返さなければならないという考えを与えられた学生たちは,バクーニンの農民反乱の切迫性の考えにも動かされ,74年,〈人民の中へ〉の運動をおこした。数千人が職人や人夫に姿をかえて村々をまわり,革命を宣伝しようとしたが,農民に受け入れられずに終わった。…

※「バクーニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バクーニンの関連キーワードアナーキズムナロードニキアナアナーキーアナーキスト虚無党アナキズムネオアナーキズムマラテスタブ・ナロード運動(ロシア)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バクーニンの関連情報