コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクーニン Bakunin, Mikhail Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクーニン
Bakunin, Mikhail Aleksandrovich

[生]1814.5.30. プレムヒノ
[没]1876.7.1. ベルン
ロシアの無政府主義者。トベーリ県の地主の家に生れる。ペテルブルグ砲兵学校を卒業後,一時将校として軍務についたが,1835年退役。モスクワで N.V.スタンケビッチのサークルに入り,V.G.ベリンスキー,A.I.ゲルツェンらと知合った。この頃ドイツ観念論,特にフィヒテやヘーゲルの研究に没頭。 40年ドイツへ旅立ち,ベルリン大学でシェリングの講義を聴講。 42年『ドイツにおける反動』 Die Reaktion in Deutshlandを執筆,破壊への情熱を説いた。 44年パリでプルードンの影響を受け,この頃から本国政府の注目をひき,帰国命令が出ても無視。 47年ワルシャワ反乱 (1830~31) 記念パリ集会で演説,フランスから追放された。 48~49年の革命に積極的に参加,特にスラブ諸民族の解放と連合を訴えた。 49年ザクセン政府に逮捕され,同政府とオーストリア政府により2度死刑の判決を受けた。その後,51年ロシア政府に引渡され,ペトロパブロフスク要塞に監禁され,57年シベリアへ送られたが,61年脱走,日本,アメリカを経てロンドンにいたった。ロンドンではゲルツェン,N.P.オガリョフらと行動をともにし,64年末第1インターナショナルに加盟したが,国家権力の性格づけなどをめぐってマルクス派と対立。ひそかに「国際同胞団」,次いで 68年には「国際社会民主同盟」などを組織して独自の行動を続けたが,72年第1インターナショナルを除名された。その間,ロシア国内の革命家とも連絡を取り,68年にはジュネーブで『人民の事業』 Narodnoe delo誌を創刊。 69~70年には「ロシアの若き同胞へ」など多数のパンフレットを執筆。 73年には『国家制度とアナーキー』 Gosudarstvennost' i anarkhiyaを著わし,農民大衆の革命性への信頼を呼びかけ,ロシア・ナロードニキ運動に大きな影響を与えた。その後もリヨン (70) やボローニャ (74) 蜂起のバリケードに立つなど活動を続けたが,やがてスイスに引退した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バクーニン(Mikhail Aleksandrovich Bakunin)

[1814~1876]ロシア革命家無政府主義者。1840年代、ヨーロッパ各地の革命に参加したが捕らえられ、シベリア流刑。1861年、脱走して日本・アメリカを経て、ロンドン亡命第一インターナショナルに参加したが、マルクスと対立して除名された。著「国家制度とアナーキー」「神と国家」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バクーニン

ロシアのアナーキズム革命家。貴族出身。1848年の二月革命から1873年のボローニャ蜂起(ほうき)に至るまでヨーロッパ各地で数多くの革命に参加した。第一インターナショナルに加わったがマルクスと対立して除名され,ジュラ連合を組織。
→関連項目アナーキズムクロポトキンコスタ集産主義マラテスタ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バクーニン【Mikhail Aleksandrovich Bakunin】

1814‐76
ロシアの革命家,アナーキズムとナロードニキ主義の理論家。貴族の出身で,軍人としての教育を受け将校となったが,1835年転身を望んで退役,36‐40年モスクワに移り,ドイツ哲学に親しんだ。その間,スタンケービチベリンスキーらと交わった。40年からベルリン大学で学ぶうちヘーゲル左派を介して政治に傾き,《ドイツにおける反動》(1842)を著し,さらにプルードン,ワイトリング,レレベルらと接して,社会主義とパン・スラブ主義への共感を強め,ついに亡命を決意した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バクーニン【Mikhail Aleksandrovich Bakunin】

1814~1876) ロシアの革命家・社会思想家。ヨーロッパ各地での革命運動に参加後、シベリア流刑。逃亡して第一インターナショナルに加入するが、マルクス派と対立し除名された。徹底した無神論と無政府主義の主張は革命運動に強い影響を与えた。主著「国家制度とアナーキー」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バクーニン
ばくーにん
Михаил Александрович Бакунин Mihail Aleksandrovich Bakunin
(1814―1876)

ロシアの革命家。無政府主義と人民主義の指導者。トベリ県(現、カリーニン州)の富裕な地主貴族の家に生まれる。砲兵士官学校を卒業後、一時少尉補として勤務したが、哲学にひかれて退役。モスクワに住んでスタンケービチのサークルに入り、ベリンスキー、ゲルツェンらと交わって、ドイツ観念論哲学、とくにフィヒテとヘーゲルの哲学を学んだ。1842年ベルリン大学に留学、急速にヘーゲル左派に近づき、変名で論文「ドイツにおける反動」を発表し、真の創造のための革命的破壊を呼びかけた。1848~1849年の革命に参加し、ドレスデンの蜂起(ほうき)の指導者の一人となったが、ザクセンの官憲に逮捕されてロシア政府に引き渡され、禁錮(きんこ)刑ののちシベリア流刑となった。しかし1861年に脱出し、日本、アメリカを経てロンドンへ渡り、ここで旧友のゲルツェンやオガリョフとともに、ロシアの専制に抗して立ち上がったポーランド人民の反乱を支持し、ロシア国内の青年に革命を呼びかけた。1868年にはマルクスの創始した国際労働者協会(第一インターナショナル)のジュネーブ支部に加入したが、マルクスと対立し、1872年のハーグ大会で除名された。しかし、マルクスの考えを中央集権的な上からの社会主義として批判し、これに対して下からの自由意志に基づく連合と無政府を唱導した。このようなバクーニンの考えは、イタリア、スイス、スペインの社会主義とアナキズムの革命家に大きな影響を与えた。その後1870年のリヨンの蜂起、1874年のボローニャの蜂起に参加したあと、1876年7月1日スイスのベルンで病死した。主著に『鞭(むち)のゲルマン帝国と社会革命』(1871年執筆)や『国家制度とアナーキー』(1873年執筆)がある。[外川継男]
『外川継男・左近毅編『バクーニン著作集』全6巻(1973~1974・白水社) ▽左近毅訳『国家制度とアナーキー』新装復刊(1999・白水社) ▽E・H・カー著、大沢正道訳『バクーニン』上下(1965/新装版・1970・現代思潮社/オンデマンド版・2013・現代思潮新社) ▽ピルーモヴァ著、佐野努訳『バクーニン伝』上下(1973・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバクーニンの言及

【アナーキズム】より

…これに対し,アナーキズムに一定の社会組織のイメージと理論的基礎づけとを与えようとしたのは,19世紀中葉のフランスにおけるプルードンであったが,ここにはサン・シモン,フーリエ以来の社会主義思想の蓄積が生かされており,これを集産主義的アナーキズムと呼ぶ論者もある。同じような系譜に立ちながらも,国家と権威の否定をより強力に叫び,さらにはネチャーエフとの関係などでアナーキズムにテロリズムの色彩を与えさえしたのは,ロシアから出て欧米諸国に広く足跡を残したバクーニンである。彼は第一インターナショナルの中でのマルクスとの論戦を通じて,アナーキスト勢力を一つの党派にまでまとめ上げたといえる。…

【インターナショナル】より

…そして協会を,労働者階級の政治権力獲得をめざす強固な政党組織に変えようとした。他方,ジュラ地方(フランス東部),イタリア,スペインなどの支部は,国家を否定するバクーニンの強い影響もあって,〈反権威主義〉を唱え支部の自治を擁護した。両派は激しく対立し,3年ぶりで開かれ,初めてマルクスも出席した72年のハーグ大会でバクーニンらは除名された。…

【ナロードニキ】より

…その一つ,チャイコフスキーNikolai Vasil’evich Chaikovskii(1850‐1920)のサークルから70年代の主要な活動家がつくり出された。ラブロフの《歴史書簡》から,批判的に思惟しうる知識人は民衆に債務を返さなければならないという考えを与えられた学生たちは,バクーニンの農民反乱の切迫性の考えにも動かされ,74年,〈人民の中へ〉の運動をおこした。数千人が職人や人夫に姿をかえて村々をまわり,革命を宣伝しようとしたが,農民に受け入れられずに終わった。…

※「バクーニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バクーニンの関連キーワード第1インターナショナルペトロパブロフスク要塞二月革命(ロシア)マックス ネトラウP. ラファルグクラフチンスキーイグレシアスカフィエーロ人民のなかへネチャーエフシベリア流刑ツルゲーネフ土地と自由バッケッリラファルグ逸見 猶吉カトコフネトラウバッケリゲード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android