コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシュキルツェフ Marie Bashkirtseff

2件 の用語解説(バシュキルツェフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バシュキルツェフ【Marie Bashkirtseff】

1860‐84
ロシア生れのフランスの女流画家,作家。パリに出て絵を学び,早熟な才能を発揮した。傾向は印象主義の混じった自然主義で,人物画に優れ,《ないしょの集り》(1883)が名高い。文学的才能にも恵まれ,フランス語で書いた《日記》(1887)は高く評価され,彼女の名を後世に伝えている。同書は激しい情熱と早熟な知性にあふれ,モーパッサンなどの同時代人の姿が描かれている点も興味深い。【辻 昶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バシュキルツェフ
ばしゅきるつぇふ
Marie Bashkirtseff
(1860―1884)

本名マリーヤ・コンスタンティノバ・バシュキルツェバMariya Konstantinova Bashkirtseva。ロシアの女流画家、音楽家、作家。ウクライナ生まれる。10歳でパリに出て、絵画をフルリTony Robert-Fleury(1837―1911)、ルパージュJules Bastien-Lepage(1848―84)らに学び、モーパッサンなど文学者、芸術家との交友も広かった。1884年、パステル画『パリの女』をサロンに出品して才能を高く評価されたが、結核のため若くしてパリに没した。彼女の名を後世に残したのは、死の直前まで克明に書き続けた『日記』Journal(1887)で、『未刊の私的ノート』Cahiers intimes indits(1925)とともに死後に公刊された。ここでは、過度に鋭敏な感性と早熟で知的な頭脳の持ち主によって、同時代のパリの社会、芸術の種々相と、そこに生きる異国生まれの女流芸術家の繊細微妙な内面が活写されていて、日記文学の傑作とされている。ほかにモーパッサンとの往復書簡(1906)も残されている。[榊原晃三]
『野上豊一郎訳『マリ・バシュキルツェフの日記』(1948・学陽書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バシュキルツェフの関連キーワードエルンストザッキンサロートツァラフランス領ポリネシアフランダースの犬クリスチーヌドピザン優勢なカーブ私と村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone