コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バストス Bastos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バストス
Bastos

ブラジル南東部,サンパウロ州西部の都市。州都サンパウロの西北西約 450kmの高原地帯にある。農業地帯の中心地で,綿花,コーヒー,タバコ,ジャガイモなどを集散する。 1928年に日本人の集団移住地が建設された地で,住民には日系人が多く,養鶏,養蚕,野菜栽培なども盛ん。サンパウロからバウル,マリリアを経て内陸部へ通じる鉄道に沿う。人口約1万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バストス(Bastos)

ブラジル南東部、サンパウロ州の都市。州都サンパウロの北西約450キロメートル、標高450メートルの高原に位置する。1928年に日本人入植者により建設され、日系人が多い。養鶏業が盛んで、綿花、タバコ、コーヒーを産する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バストス【Bastos】

ブラジル南東部,サン・パウロ州西部高原の小都市。人口1万5350(1980)。1928年,日本の海外移住組合連合会の現地代行機関ブラジル拓殖組合が3万町歩を購入して建設したバストス移住地を基礎として発展した。29‐33年に1100家族が入植。コーヒー栽培,米作に失敗したのち,綿,養蚕,養鶏業で経済的地盤を築いた。第2次大戦前から日系集団地代名詞のようにいわれる。郡内日系人口の比率が国内でいちばん高い(約60%)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バストス
ばすとす
Bastos

ブラジル南東部、サン・パウロ州西部の都市。旧称ファゼンダ・モンテ・アレグレFazenda Monte Alegre。サン・パウロ市の西北西572キロメートル、標高450メートルに位置する。人口2万0588(2000)。パウリスタ鉄道が通じる。養鶏・養蚕業のほか綿花、ラッカセイ、ジャガイモなどの産出がある。日本人入植者の多いことで知られる。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バストスの関連キーワードラテンアメリカ文学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android