バッドキアリー症候群(読み)バッドキアリーショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

バッドキアリー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【バッドキアリー症候群】

Budd-Chiari syndrome》肝静脈や肝部下大静脈が閉塞(へいそく)・狭窄(きょうさく)し、門脈圧亢進症に至る疾患。異所性静脈瘤・腹水肝機能障害・下のむくみ・下肢静脈瘤・腹壁静脈の怒張などの症状を示す。原因が不明なものと、肝癌(かんがん)転移性肝腫瘍・鬱血性(うっけつせい)心疾患白血病・静脈血栓症などが原因となるものとがある。多くの場合は慢性経過をとるが、急性閉塞狭窄をきたす場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる