バッドキアリー症候群(読み)バッドキアリーショウコウグン

デジタル大辞泉「バッドキアリー症候群」の解説

バッドキアリー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【バッドキアリー症候群】

Budd-Chiari syndrome肝静脈や肝部下大静脈が閉塞へいそく狭窄きょうさくし、門脈圧亢進症に至る疾患。異所性静脈瘤・腹水肝機能障害・下のむくみ・下肢静脈瘤・腹壁静脈の怒張などの症状を示す。原因が不明なものと、肝癌かんがん転移性肝腫瘍鬱血性うっけつせい心疾患・白血病・静脈血栓症などが原因となるものとがある。多くの場合は慢性経過をとるが、急性の閉塞・狭窄をきたす場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android