コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハマン Bachmann, Ingeborg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バッハマン
Bachmann, Ingeborg

[生]1926.6.25. クラーゲンフルト
[没]1973.10.17. ローマ
オーストリアの女流詩人,小説家。ハイデガーを研究。詩集『猶予の時』 Die gestundete Zeit (1953) などによって文名を確立。ほかに短編集『30歳』 Das dreissigste Jahr (61) ,小説『マリーナ』 Malina (71) ,ラジオドラマ『せみ』 Zikaden (55) ,オペラ台本『若き貴公子』 Der junge Lord (65,H.ヘンツェ作曲) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バッハマン(Ingeborg Bachmann)

[1926~1973]オーストリアの女性詩人・小説家。第二次大戦後の世界を鋭く描写した。詩集「大熊座の呼びかけ」、短編集「三十歳」「同時通訳」、長編「マリーナ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

バッハマン【Ingeborg Bachmann】

1926~1973) オーストリアの女性詩人・小説家。密度の高い文体で、第二次大戦後の現実世界の不毛を描く。詩集「大熊座への呼びかけ」、短編集「同時通訳」、長編「マリーナ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッハマン
ばっはまん
Ingeborg Bachmann
(1926―1973)

オーストリアの女流詩人、作家。クラーゲンフルト生まれ。豊かな伝統的な詩精神につながりながらも新しい純粋なことばによる真の世界を求める彼女の詩は、すべての価値が失われた時代に直面する人間の心情を歌っているために、新しい戦後文学の到来として高い評価を受けた。詩集『猶予の時』(1953)、『大熊(おおぐま)座への呼びかけ』(1956)、放送劇『蝉(せみ)』(1954)、短編集『三十歳』(1961)、長編小説『マリーナ』(1971)などがある。[神品友子]
『生野幸吉訳『三十歳』(1965・白水社) ▽神品芳夫・神品友子訳『マリーナ』(1973・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バッハマンの関連キーワードオーストリア文学プレンツドルフグループ477月25日ペギーダカラヤン文学賞密度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android