コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドーダラー

3件 の用語解説(バドーダラーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バドーダラー

インド西部,グジャラート州南隅のカンベイ湾に近接する都市。英名バローダBaroda。旧藩王国バローダの主都。鉄道の要地。綿織物化学肥料,機械,金属工業が行われ,工業団地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

バドーダラー(Vadodra)

インド西部、グジャラート州の都市。アーメダバードの南東約100キロメートル、カンベイ湾東岸に位置する。18世紀にマラータ同盟ガーイクワール朝の拠点が置かれ、藩王国の都となった。周辺で綿花を産し、綿織物工業が発展。近年は石油化学工業も盛ん。藩王が建てたインドサラセン様式の宮殿などが残っている。バローダ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バドーダラー【Vadodarā】

インド西部,グジャラート州南東のキャンベイ湾奥部の古都。英語名バローダBaroda。人口103万1000(1991)。18世紀前半以来マラーター同盟のガーイクワール家の城下町として栄えた。1805年にイギリスとの軍事保護条約により同家が支配するバローダ藩王国の主都となり,独立時にいたる。新・旧両市からなり,四つの市門の残る東部の旧市には商業地区,その北および西に広がる新市には住宅地のほか官庁,大学,サンスクリット写本の収集で名高い東洋学研究所などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone