コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラフ

デジタル大辞泉プラスの解説

バラフ

佐賀県で生産される葉物野菜。南アフリカ原産の多肉植物、アイスプラントのブランド名のひとつ。1999年、佐賀大学農学部が塩害対策の研究のため栽培実験を行ったことが、当地への導入のきっかけ。その後、地域特産野菜化にむけた研究で栽培技術を確立し、2007年にベンチャー企業「農研堂」を設立。「バラフ」の名で野菜および加工品の流通が始まった。「バラフ」はスワヒリ語で「水晶」を意味する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

バラフの関連キーワードマング・チムール(忙哥帖木児)コンピュータ史(年表)フォデイ・ムサ スソオルダーマストン中央アジア美術ハリセンボンヒョウタンシシュキンフエダイアカナーシガテラモイーズマリンバ新顔野菜針千本木琴

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バラフの関連情報