コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神埼市 かんざき

2件 の用語解説(神埼市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神埼〔市〕
かんざき

佐賀県東部,脊振山地の南側斜面から佐賀平野東部の筑後川中流域右岸にかけて位置する市。南北に細長い地形で,北端の脊振山から発し筑後川に合流する城原川や田手川の沖積地に広がる。 2006年神埼町,千代田町,脊振村が合体して市制。吉野ヶ里町との境にある国指定特別史跡吉野ヶ里遺跡が有名。律令時代条里制の遺構や西海道の官道跡などもみられる。江戸時代には長崎街道の宿場町。脊振山付近は鎌倉時代の禅僧栄西が宋から茶種を持ち帰り栽培した地と伝えられ,チャ (茶) の栽培が盛ん。林業,高冷地野菜の栽培も行なわれる。南部の沖積地では米作や酪農のほか,地元産のコムギと河川の水を利用した神埼そうめんを特産。九年庵 (旧伊丹氏別邸) の庭園は四季折々の植物が見られ,国の名勝に指定されている。北部は脊振北山県立自然公園に,西部の佐賀市境付近は川上金立県立自然公園に属する。 JR長崎本線,国道 34号線,264号線,385号線が通じる。面積 125.13km2(境界未定)。人口 3万1842(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神埼市の関連情報