コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バララト バララト Ballarat

4件 の用語解説(バララトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バララト
バララト
Ballarat

オーストラリア,ビクトリア州中南部,メルボルン西北西 112kmにある都市。 1851年の金鉱発見により急成長した。往時の建物の多くは現存。 54年のユーリカストケード事件 (金採掘労働者反乱事件) は同国史上重要で,現在記念碑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バララト

オーストラリア南東部,ビクトリア州にあるメルボルン西方の都市。織物・醸造工業があり,メルボルンの避暑・保養地。1851年創設され,かつては重要な金鉱都市として繁栄した。
→関連項目ビクトリア[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バララト【Ballarat】

オーストラリア南東部,ビクトリア州中西部の都市。人口6万5000(1991)。同州第3の都市で,州中西部の農牧地帯の中心都市。1851年の金鉱発見により金鉱都市として急成長し,54年のユリーカ砦の反乱(金採掘人の反乱)で知られ,記念碑がある。70年市制をしいた。金鉱の衰退後は商工業を中心に発展している。市内には金鉱都市時代の建物が保存・復元されている。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バララト
ばららと
Ballarat

オーストラリア、ビクトリア州中部、メルボルンの西112キロメートル(道路距離)にある都市。人口8万0045(2001)。1851年の金鉱発見により代表的な金鉱都市として発展し、金鉱衰退後は地方中心都市となったが、繊維、農業機械など各種の工業も発達する。オーストラリア労働運動と民主化の原点となったユーリカ砦(とりで)事件(1854)の発生地として、よく知られる。1870年市制施行。市内には金鉱都市時代の建物が残り、かつての金鉱町が観光用に復原されている。名称は休息所を意味する先住民語による。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バララトの関連キーワードオーストラリアアルプスオーストラリア区グレートビクトリア砂漠オーストラリア亜区南オーストラリアオーストラリア首都特別地域ビクトリアンアルプスホールズギャップライムストーンコーストビクトリアスクエア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone