コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトブルク城 バルトブルクジョウ

2件 の用語解説(バルトブルク城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バルトブルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【バルトブルク城】

Wartburg》⇒ワルトブルク城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

バルトブルクじょう【バルトブルク城】

ドイツ中部、チューリンゲン州アイゼナハ(Eisenach)郊外の山上に建つ古城。世界遺産に登録されている。この城は、1067年にルーヴィヒ・デア・シュプリンガー伯爵によって建てられたといわれる。アイゼナハの町の歴史も、この城の建設から始まった。このように創建は11世紀に遡るが、現存する建物の多くは19世紀のものである。ここはさまざまな歴史を秘めた城でもある。ワーグナーWilhelm Richard Wagner、1813~1883年)が作曲した歌劇『タンホイザー』のモチーフとなった中世のタンホイザー伝説の一つで、中世の騎士が抒情詩(じょじょうし)を競い合った歌合戦の舞台となったのはこの城である。また、死後奇跡を起こして聖人に列せられた聖女エリザベートは、この城に4歳で嫁いできたハンガリーの王女である。さらに、ルターの破門宣告後に開かれたヴォルムス帝国議会に出席したマルティン・ルター(Martin Luther、1483~1546年)は、この城に匿われて、ドイツ語訳の「新約聖書」を完成させた。後年、ルターを尊敬していたゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749~1832年)は、ワイマール公国の宰相時代にしばしばこの城を訪れ、城の補修を指示したともいわれている。城内には博物館があり、この城ゆかりの品々が展示されている。その中には、中世ドイツの彫刻家リーメンシュナイダー(Tilman Riemenschneider)の作品もある。また、ルターが新約聖書をドイツ語に翻訳した小部屋(Lutherstube)も訪れることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルトブルク城の関連キーワードアイゼナハエルフルトゴータチューリンゲンワルトブルクワルトブルク城エリザベート教会クレーマー橋クレクリンゲンチューリンガー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone