コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトロ氷河 バルトロひょうが

4件 の用語解説(バルトロ氷河の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バルトロ氷河【バルトロひょうが】

カシミール北部,カラコラム山脈中部の氷河。K2ガッシャーブルムブロードピーク,マッシャーブルムの高峰に囲まれ,長さ58km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

バルトロ‐ひょうが【バルトロ氷河】

Baltoro Glacierカラコルム山脈中央部にある大氷河。パキスタン北部、ギルギットバルティスターン州に位置する。K2とブロードピークの間に端を発するゴドウィンオースティン氷河とシアカンリ峰、ガッシャブルム峰からの氷河と合流して西へ流れる。全長約60キロメートル、幅約3キロメートルインダス川の支流シガール川の源流となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルトロひょうが【バルトロ氷河 Baltoro Glacier】

カラコルム山脈中央部にある氷河。シアカンリ峰西方の雪原に発して西へ,次いで北西へ流れ,標高4720mのコンコルディアゴドウィン・オースティン氷河を合わせた後,北のバルトロ・ムスターグ(山脈)と南のマッシャーブルム山脈の間をゆるやかな弧を描いて西へ流れる。末端は高度3530mの氷舌に終わり,全長約69km,幅は最大3kmある。シガールShigar川水系に属するビアホ川の水源である。ビアンジェ,ムスターグ,エルマネンドゥなど支氷河が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトロ氷河
ばるとろひょうが
Baltoro Glacier

パキスタン領カラコルムにある大氷河。世界第二の高峰K2(チョゴリ、8611メートル)とブロード・ピーク(8047メートル)との間にあるゴドウィン・オースティン氷河と、ガッシャブルム第一峰(8068メートル)とシーア・カンリ第一峰(7422メートル)を源とするアブルッチ氷河とが合流してできた谷氷河で、全長約60キロメートル、幅約3キロメートルに及ぶ。標高4720メートルにある合流点はコンコルディアとよばれる。末端高度は約3500メートルで、融水はインダス川支流のシガール川源流をなす。ビアンジェ、ムスターグなど支氷河が多く、1861年、イギリス人ゴドウィン・オースティンが初めてムスターグ氷河までの探検を行った。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルトロ氷河の関連キーワードイオニア海カラコルム山脈K2コルテバルカン山脈カラコルムサルトロカンリエイヤフィヤトラヨークトル氷河ミールダルスヨークトル氷河ヨークルサルロン湖

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone