コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトロ氷河 バルトロひょうが

百科事典マイペディアの解説

バルトロ氷河【バルトロひょうが】

カシミール北部,カラコラム山脈中部の氷河。K2,ガッシャーブルム,ブロードピーク,マッシャーブルムの高峰に囲まれ,長さ58km。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

バルトロ‐ひょうが【バルトロ氷河】

Baltoro Glacierカラコルム山脈中央部にある大氷河。パキスタン北部、ギルギットバルティスターン州に位置する。K2とブロードピークの間に端を発するゴドウィンオースティン氷河とシアカンリ峰、ガッシャブルム峰からの氷河と合流して西へ流れる。全長約60キロメートル、幅約3キロメートル。インダス川の支流シガール川の源流となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バルトロひょうが【バルトロ氷河 Baltoro Glacier】

カラコルム山脈中央部にある氷河。シアカンリ峰西方の雪原に発して西へ,次いで北西へ流れ,標高4720mのコンコルディアでゴドウィン・オースティン氷河を合わせた後,北のバルトロ・ムスターグ(山脈)と南のマッシャーブルム山脈の間をゆるやかな弧を描いて西へ流れる。末端は高度3530mの氷舌に終わり,全長約69km,幅は最大3kmある。シガールShigar川水系に属するビアホ川の水源である。ビアンジェ,ムスターグ,エルマネンドゥなど支氷河が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトロ氷河
ばるとろひょうが
Baltoro Glacier

パキスタン領カラコルムにある大氷河。世界第二の高峰K2(チョゴリ、8611メートル)とブロード・ピーク(8047メートル)との間にあるゴドウィン・オースティン氷河と、ガッシャブルム第一峰(8068メートル)とシーア・カンリ第一峰(7422メートル)を源とするアブルッチ氷河とが合流してできた谷氷河で、全長約60キロメートル、幅約3キロメートルに及ぶ。標高4720メートルにある合流点はコンコルディアとよばれる。末端高度は約3500メートルで、融水はインダス川支流のシガール川源流をなす。ビアンジェ、ムスターグなど支氷河が多く、1861年、イギリス人ゴドウィン・オースティンが初めてムスターグ氷河までの探検を行った。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バルトロ氷河の関連キーワードウイリアム・マーティン コンウェイファルチャン・カンリ[山]ガッシャーブルム[山]マッシャーブルム[山]ムズターグ・タワー山バルトロ・カンリ山マッシャブルム山チョゴリザ[山]ガッシャブルム山チョゴリザ山K₂[山]チョゴリザK2峰

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android