コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルハシ[湖] バルハシ

百科事典マイペディアの解説

バルハシ[湖]【バルハシ】

中央アジアのカザフスタン共和国南東部の湖。標高343m。面積1万8200km2,最大水深26m(いずれも季節により大きな変動あり)。イリ,カラタル,アクスー,レプサ,アヤグスなどの川が流入,その流域はセミレチェSemirech'e(七つの川の意)と呼ばれ,農耕の一中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルハシ[湖]【Balkhash】

中央アジア,カザフスタン共和国南東部にある湖。東西に細長く,北に背を向け南に湾曲する。流出する川はない。長さ605km,最大幅74km,面積は季節により異なり,1万7000~2万2000km2。湖面標高339~342m。深さ最大26m,平均で6m。中央部に南岸からサリエシク半島が突出し,湖を二分する。西半部にはイリ川が大量の水を注ぎ込み,ほとんど真水であるが,東半分はカラタル,アクスーなど小河川しか流入しないので水面蒸発を補えず,塩湖となる(水1l中塩分5gを含む)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android