コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルマー系列 バルマーけいれつBalmer series

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルマー系列
バルマーけいれつ
Balmer series

水素原子のスペクトル系列の1つ。可視部にあり,主量子数が2で終る系列。 1884年スイスの物理学者 J.バルマーは,水素原子から出る可視光の線スペクトル波長 λ は,λ=bn2/(n2-4) という簡単な式で一括して表わせることを発見した。ただし n=3,4,5,… 。これは実験式であり,観測結果と合せるためには,定数 b を 364.6nmにとらなければならない。一見不規則にみえる線スペクトルにこのような規則性があるという発見は,ボーアの原子理論の形成に大いに貢献した。その後,可視部以外で,バルマー系列と同様の性質をもつライマン系列パッシェン系列などが発見され,分光学の発展を刺激した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

バルマー系列【Balmer series】

水素の発光スペクトルで,可視部から紫外部にかけて出現するもの.最初に級数関係が認められたスペクトル系列である.波長を λ,Rリュードベリ定数*として現代風の表現によると

となる(最初のバルマーによる報告では,波長は(n2-4)/n2 に比例するものとされていた).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のバルマー系列の言及

【原子スペクトル】より


[水素原子のスペクトル]
 85年に,J.J.バルマーは水素原子の発する光のスペクトルの中のHα(波長6563Å,赤),Hβ(4861Å,青),Hγ(4340Å,青紫),Hδ(4102Å,紫)の4本の線スペクトルの示す波長λがλ=Am2/(m2-4)(m=3,4,5,6,Aは定数)で表されることを発見した。これらの線スペクトルの系列はバルマー系列と呼ばれるが,その後,T.ライマンによって紫外部に,また,L.C.H.F.パッシェンによって赤外部に,それぞれラインマン系列,パッシェン系列と呼ばれる線スペクトルの系列が発見され,バルマー系列を含めて,これらの系列の線スペクトルの波長λは,で表されることが明らかとなった。ただし,RHは定数,n,n′は整数である。…

※「バルマー系列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルマー系列の関連キーワードジョン エバシェッドトムソンの原子模型リュードベリ定数バルマーの公式原子スペクトルエネルギー準位リュードベリ原子模型Hα線ボーア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android