バンダービルト(英語表記)Vanderbilt, Cornelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダービルト
Vanderbilt, Cornelius

[生]1794.5.27. ニューヨークスタテン島
[没]1877.1.4. ニューヨーク
アメリカの実業家。蒸気船と鉄道の経営により財閥一族の創始者となった。 16歳で渡し船を買いスタテン島とニューヨークを結ぶ運輸業を開始。ゴールド・ラッシュのときニカラグア経由のニューヨーク-サンフランシスコ間航路を開いて巨利を得,1855年にはアメリカ,フランス間などを結ぶ大西洋航路に移行し,南北戦争後鉄道業に転じた。息子ウィリアムには1億ドルの資産を残したといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バンダービルト【Cornelius Vanderbilt】

1794‐1877
アメリカの鉄道業者。1813年19歳のころからハドソン川船主として海運業に従事し,のち大西洋横断の海運業者に成長した。62年からニューヨーク・ハーレム鉄道に出資し始め,鉄道会社間の競争を利用して67年にはニューヨーク・セントラル鉄道を支配下に収め,77年に死ぬまでアメリカの代表的な鉄道経営者として活躍,当時アメリカ一の資産(1億ドル以上)をのこしたといわれた。1868年のイリー鉄道の支配をめぐってのグールドJay Gouldらとの仕手株戦は有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダービルト
ばんだーびると
Cornelius Vanderbilt
(1794―1877)

アメリカの船舶、鉄道資本家。16歳からニューヨークで渡航業を始め、1818年には蒸気船輸送に参加、のち同地域一帯の海上輸送を支配するに至った。50年、ニカラグア地峡を横断してカリフォルニアに至る船舶路線を設け、金ブームの同地への輸送で巨富を築いた。さらに、大西洋航路に進出したのち鉄道業に関心を移し、67年、ニューヨーク・セントラル社長に就任。次々と関連路線を買収し、五大湖地域に至る幹線鉄道網をつくった。その経営は能率的といわれるが、競争相手に対抗して多くのあくどい手段を用いた。当時の推定で1億ドルという巨富を積み、ニューヨーク郊外に、史跡となる豪邸を残している。[長沼秀世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンダービルトの関連情報