コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンテアイ・スレイ Banteay Srei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンテアイ・スレイ
Banteay Srei

カンボジア,アンコールの遺跡群から北東に 40km離れ,孤立して建っているヒンドゥー教寺院。 967年摂政役の王師ヤジュニャバラーハが菩提寺として建立した。周囲約 400mの小寺で,三重の周壁に囲まれ,東が正面。バンテアイ・スレイの名は「女の砦」を意味するといわれ,紅色砂岩とラテライトを積上げた建築は,アンコール中心部の巨大な遺跡に比べると,はるかに瀟洒,繊細な表現である。この建築外部に施された装飾の彫刻はアンコールの彫刻としてはかなり彫りが深く,立体感が強くて丸彫りに近い。若き日の A.マルローが発掘しようとして逮捕され,のちに『王道』に著わしたデバター像 (神像) は,「東洋のモナリザ」と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バンテアイ・スレイの関連キーワードカンボジア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンテアイ・スレイの関連情報