バン・アレン(読み)ばんあれん(英語表記)James Alfred Van Allen

  • 1914―2006

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの物理学者。1939年にアイオワ大学で学位を得、のちカーネギー研究所の地磁気部門の研究員となった。第二次世界大戦中は戦時研究として無線による爆発信管を研究、戦後、ジョンズ・ホプキンズ大学の研究員を経て、1951年アイオワ大学物理学教授となり、1959年には国立科学アカデミーの会員になった。1952年に大気圏外に高エネルギー放射帯があることを予想したが、これは1958年に打ち上げられた人工衛星エクスプローラ1号などにより存在が確認された。この放射線帯はバン・アレン帯ともよばれる。クラフォード賞(1989年。スウェーデン王立科学アカデミー)など多数の科学賞を受賞した。

[河村 豊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android