コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線帯 ホウシャセンタイ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐たい〔ハウシヤセン‐〕【放射線帯】

バンアレン帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

放射線帯【ほうしゃせんたい】

バンアレン帯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんたい【放射線帯 radiation belt】

地球磁場にほぼ定常的に捕捉されたエネルギーの高い粒子群の総称で,約1000kmの高度から地心距離約10RE(REは地球半径)にわたる領域に存在する(図)。1958年に打ち上げられたアメリカの最初の人工衛星エクスプローラー1号から3号,パイオニア3,4号などの初期の人工衛星観測により,バン・アレンJames Alfred Van Allenのグループがその存在を明らかにしたので,バン・アレン帯とも呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射線帯
ほうしゃせんたい

バンアレン帯」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

放射線帯の関連キーワードスペース望遠鏡ヴァンアレン帯エレクトロンマリナー計画バン・アレン火星探査機金星探査機アポロ8号赤道環電流バンアレンマリナー磁気圏木星

放射線帯の関連情報