バージン諸島国立公園(読み)バージンしょとうこくりつこうえん(英語表記)Virgin Islands National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージン諸島国立公園
バージンしょとうこくりつこうえん
Virgin Islands National Park

西インド諸島東部,バージン諸島中部,セントジョン島 (アメリカ合衆国領) にある国立公園。同島の約3分の2と周辺の海域を含み,面積 61km2。 1956年設置。白い砂浜,インディオ (カリブ族) の遺跡などで知られ,島の最高峰ボルドー山 (389m) 一帯密林におおわれる。マングース,カメ,ヘビ,野鳥など野生動物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バージンしょとう‐こくりつこうえん〔‐シヨタウコクリツコウヱン〕【バージン諸島国立公園】

Virgin Islands National Park》米国領バージン諸島にある国立公園。1956年設立。セントジョン島の約6割と、セントトーマス島の一部および小島を含む。放置されたサトウキビのプランテーションがあり、現在は熱帯林に覆われ、製糖工場跡が点在する。バージンアイランズ国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android