コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーゼル美術館 バーゼルびじゅつかんKunstmuseum-Öffentliche Kunstsammlung Basel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーゼル美術館
バーゼルびじゅつかん
Kunstmuseum-Öffentliche Kunstsammlung Basel

スイス,バーゼルにある美術館。素封家アメルバハ家3代のコレクションをもとに 1662年設立され,民間の公的な美術館としては最古の歴史を誇る。特にバーゼル大学の法学教授をつとめた B.アメルバハ (1533~91) の集めた作品がその中心で,ホルバインウィッツのコレクションは特に重要。また,17世紀オランダ絵画や後期印象派以降の現代美術も充実している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バーゼル‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【バーゼル美術館】

Kunstmuseum Basel》スイスのバーゼルにある市立美術館。豪商アマーバッハ家の収集品を市が購入したもので、1671年開館。ホルバインをはじめとするドイツ画家の作品を多数所蔵する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バーゼルびじゅつかん【バーゼル美術館 Kunstmuseum,Basel】

スイスのバーゼルにある市立美術館。1662年に,16世紀以来の個人収集アマーバハ・コレクションをバーゼル市およびバーゼル大学が取得したことに始まる。その後,多くの個人コレクションを吸収しつつ所蔵作品を増やし,現在ではスイス最大,ヨーロッパ有数の規模。所蔵作品は中世から現代に至るまでの絵画,彫刻,素描,版画で,幅広い収集を示す。とりわけ充実しているのは,ライン上流地域のルネサンス期の美術および全ヨーロッパにわたる20世紀美術である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バーゼル美術館の関連キーワードマルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボーラの対面肖像クレメンテ(Francesco Clemente)ルソー(Henri Rousseau)マルク(Franz Marc)ホルバイン(父子)グリューネワルトシュティンマーバルドゥングベックリングラーフマヌエルスイス死の島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android