コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バードウォッチング bird-watching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バードウォッチング
bird-watching

野外で鳥を観察すること。研究の目的で観察することもあるが,一般には個人的な趣味あるいはレクリエーションとして行われる野鳥の観察をいう。用具としては双眼鏡ノートブック鉛筆,図鑑などがあれば十分で,だれでも容易にできる。欧米諸国では個人あるいはグループで盛んに行われ,日本でも第2次世界大戦前から一部の人々の間では行われていた (探鳥会といわれた) 。最近多くの人が参加するようになり,その規模も郊外での日帰り程度のものから海外に出かけるものまである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バードウォッチング【birdwatching】

自然の中であるがままの野鳥の姿や声を,鳥を傷つけたり驚かしたりすることなく観察し,観賞して楽しむ行為をいう。日本語では〈探鳥〉ないし〈探鳥会〉なる訳語があてられるが,このことばは,1934年中西悟堂が〈日本野鳥の会〉を創立したとき,〈野鳥〉とともに初めて用いたものである。〈日本野鳥の会〉の探鳥会が初めて行われたのは同年6月3~4日で,富士山麓の須走(すばしり)に,当時の文壇,画壇歌壇の重鎮,著名な民俗学者,言語学者,動物学者,会社経営者,貴族およびその家族などが参加して行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バードウォッチング
ばーどうぉっちんぐ
bird watching

野外で、野生の状態で生活している鳥を見ることをいう。日本では野鳥観察、探鳥などの語でよばれることが多い。また、イギリスでbird watchingというのに対し、アメリカ合衆国ではbirdingが用いられている。しかし、鳥学者や鳥の研究者が野外で鳥を調べる行為はこのようにはよばず、鳥を見て楽しむ趣味的な行為だけをよぶ。
 1889年イギリスで、鳥を捕殺すること、飼育すること、卵や雛(ひな)を捕殺することなどに反対して、英国王立鳥類保護協会The Royal Society for Protection of Birdsが設立され、鳥を見て楽しむことが普及することとなった。この考え方は、G・ホワイト、W・H・ハドソンなどの作品によく示されている。バードウォッチングはこうしてイギリスで始められた趣味であるが、20世紀に入って広く世界に知られるようになった。日本では1935年(昭和10)前後に、京都の川村多実二(たみじ)、東京の中西悟堂(ごどう)らによって行われるようになり、現在に至っている。日本野鳥の会は、バードウォッチングが好きな人たちが集まって34年につくった会である。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バードウォッチングの関連キーワードリフタスフェルトの文化的及び植生景観ロイヤル・チトワン国立公園ジャレド ダイアモンドサイモン ジェームズバードサンクチュアリ千葉県香取郡東庄町グラハム フライマウンテンバイクバードカービングネイチャーフォト千葉県習志野市ウォッチング稲敷(市)バードソン川村多実二ラトランド睦沢(町)あおい輝彦星野温泉愛鳥週間

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バードウォッチングの関連情報