コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーバー・ターヒル Bābā Ṭāhir `Uryān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーバー・ターヒル
Bābā Ṭāhir `Uryān

[生]1000頃. ハマダーン
[没]1055以後. ハマダーン
ペルシアの神秘主義者,詩人。神秘主義思想を素朴で熱情に満ちた四行詩で作詩し,ペルシア文学史上に四行詩詩人としての位置を占める。彼の詩は,ルリスターン方言を取入れ,民謡の韻律を用いたことに特色があり,托鉢遊行僧としての作者の赤裸々な感情が表現されている。19世紀以降ヨーロッパの学界でも高く評価され,研究書や訳書が出版された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーバー・ターヒル
ばーばーたーひる
Bb hir
(1000ころ―55ころ)

ペルシアの神秘主義詩人。ハマダンに生まれ、放浪の托鉢(たくはつ)僧として知られるが、生涯は不明。四行詩人として知られ、ルリスタン方言を取り入れた素朴な表現が特色。神秘主義の熱情にあふれた『バーバー・ターヒル四行詩集』は約350の作品を収める。19世紀末以来、西欧の東洋学者に注目され、英語、フランス語などによる研究書、翻訳書が相次いでいる。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバーバー・ターヒルの言及

【ルバーイヤート】より

…韻律は長音と短音を組み合わせたハザジ・ムサッマムの変形が主として用いられた。 ルバーイーはペルシアのほとんどすべての詩人に用いられた詩形で,10世紀以降のペルシア文学に多く現れるが,ルバーイヤート詩人として名高いのは,アブー・サイード・ブン・アビー・アルハイルAbū Sa‘īd b.Abī al‐Khayr(967‐1049),バーバー・ターヒルBābā Ṭāhir(生没年不詳,11世紀の人),アンサーリーal‐Anṣārī(1005‐89)とウマル・ハイヤームである。前3詩人は神秘主義者で神秘主義思想の表現にこの詩形を用いたが,ウマル・ハイヤームはこの詩形で運命,酒,美女などをよんだ。…

※「バーバー・ターヒル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーバー・ターヒルの関連キーワードルバーイヤートルバイヤート

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android