コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーブーダ島 バーブーダとうBarbuda Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーブーダ島
バーブーダとう
Barbuda Island

西インド諸島東部,小アンティル諸島北部,リーワード諸島にある島。アンティグア・バーブーダに属し,その主島アンティグア島の北約 50kmに位置する。面積 160km2。森林におおわれた低平なサンゴ礁の島で,西部に大きなラグーンがある。中心集落コドリントン。美しい砂浜で知られ,野生動物が多い。人口 1100 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーブーダ島
ばーぶーだとう
Barbuda

カリブ海東部、小アンティル諸島中のリーワード諸島中部の島。面積161平方キロメートル、人口1400(1991)。南方約50キロメートルにあるアンティグア島とともに独立国アンティグア・バーブーダを形成する。島はサンゴ礁からなり、低平である。住民のほとんどは黒人で、農業、漁業、牧畜、製炭などに従事し、主要農産物は綿花である。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バーブーダ島の関連キーワードAntiguaBarbudaアンティグア・バーブーダアンティグアバーブーダバービューダ島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーブーダ島の関連情報