コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーラーニ

百科事典マイペディアの解説

バーラーニ

オーストリア生れの医師。ウィーン大学で医学を修め,のちにスウェーデンのウプサラ大学教授。耳鼻科の権威で,内耳迷路反射に基づく現象を利用した新しい診察法(バーラーニ試験)の研究で1914年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーラーニ
ばーらーに
Robert Brny
(1876―1936)

オーストリアの医学者。ウィーンに生まれ、1900年ウィーン大学医学部を卒業。その後フランクフルト・アム・マインのノールデンKarl Harko von Noorden(1858―1944)の下で内科学、ついでクレペリンに精神医学を学び、1903年にはウィーン総合病院で外科を学び、ウィーン大学に戻ってオーストリアの耳科学の創設者ポリッツァーAdam Politzer(1835―1920)の助手となった。耳科学、とくに内耳系の生理・病理に関して多くの業績をあげたが、前庭器官と小脳・筋肉の関連の研究から関節運動の中枢が小脳にあることを発見、また迷路の疾患により眼球振盪(しんとう)がおこることを明らかにするなどした。こうした業績により多くの栄誉を受け、1914年にはノーベル医学生理学賞を受けたが、この報をロシアの捕虜収容所で聞いた。この受賞に関して母国でおきたいわれない非難に嫌気がさし、ウィーンを去ってスウェーデンに行き、1917年ウプサラ大学教授となり、同地で没した。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バーラーニの関連キーワード4月22日

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android