バーラーニ(読み)ばーらーに(英語表記)Robert Bárány

日本大百科全書(ニッポニカ)「バーラーニ」の解説

バーラーニ
ばーらーに
Robert Bárány
(1876―1936)

オーストリアの医学者。ウィーンに生まれ、1900年ウィーン大学医学部を卒業。その後フランクフルト・アム・マインのノールデンKarl Harko von Noorden(1858―1944)の下で内科学、ついでクレペリンに精神医学を学び、1903年にはウィーン総合病院で外科を学び、ウィーン大学に戻ってオーストリアの耳科学の創設者ポリッツァーAdam Politzer(1835―1920)の助手となった。耳科学、とくに内耳系の生理・病理に関して多くの業績をあげたが、前庭器官と小脳・筋肉の関連の研究から関節運動の中枢が小脳にあることを発見、また迷路の疾患により眼球振盪(しんとう)がおこることを明らかにするなどした。こうした業績により多くの栄誉を受け、1914年にはノーベル医学生理学賞を受けたが、この報をロシアの捕虜収容所で聞いた。この受賞に関して母国でおきたいわれない非難に嫌気がさし、ウィーンを去ってスウェーデンに行き、1917年ウプサラ大学教授となり、同地で没した。

[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android