コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキラ Pachira aquatica; Guiana chestnut; provision tree; water chestnut; wild cocoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキラ
Pachira aquatica; Guiana chestnut; provision tree; water chestnut; wild cocoa

パンヤ科の常緑高木。メキシコからブラジルにかけて分布し,高さ5~20mになる。葉は掌状複葉互生。全縁で長披針形の小葉は長さ 10~30cmになる。なめらかな幹の表面は灰色または緑色。花は長さ 10~20cmの白いおしべが 200~250本房状に出て,非常に目立つ。種子はカイエンナッツと呼ばれ,食用になる。 1980年代以降,観葉植物として人気があり,鉢植えで流通する。耐陰性があって室内で栽培しやすいが,徒長して姿が悪くなることがあるのでなるべくよく日に当てる。ハダニカイガラムシの発生を防ぐには,葉裏を中心に葉水を頻繁に与えると効果がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パキラ(〈ラテン〉Pachira)

パンヤ科の小高木。観葉植物として鉢植えなどにされる。熱帯アメリカ原産。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パキラ
ぱきら
[学]Pachira

パンヤ科パキラ属の総称。カイエンナットCayenne nutともいう。小高木で、葉は掌状複葉。果樹としてP. aquatica Aubl.とP. macrocarpa (Schlecht. et Cham.) Walp.がよく知られ、前者はメキシコ南部から南アメリカにかけて分布し、種子は炒(い)って食べる。後者はメキシコから南アメリカ北部にかけて分布する。これの果実は卵状木質の殻果で、長さ10~20センチメートル、5室からなり、各室に数個の種子があり、生食または炒って食べる。またココアの代用ともなる。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パキラの関連キーワード塩の大聖堂温室植物シパキラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パキラの関連情報