コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキラ パキラ Pachira aquatica; Guiana chestnut; provision tree; water chestnut; wild cocoa

3件 の用語解説(パキラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキラ
パキラ
Pachira aquatica; Guiana chestnut; provision tree; water chestnut; wild cocoa

パンヤ科の常緑高木。メキシコからブラジルにかけて分布し,高さ5~20mになる。葉は掌状複葉で互生。全縁で長披針形の小葉は長さ 10~30cmになる。なめらかな幹の表面は灰色または緑色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パキラ(〈ラテン〉Pachira)

パンヤ科の小高木。観葉植物として鉢植えなどにされる。熱帯アメリカ原産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パキラ
ぱきら
[学]Pachira

パンヤ科パキラ属の総称。カイエンナットCayenne nutともいう。小高木で、葉は掌状複葉。果樹としてP. aquatica Aubl.とP. macrocarpa (Schlecht. et Cham.) Walp.がよく知られ、前者はメキシコ南部から南アメリカにかけて分布し、種子は炒(い)って食べる。後者はメキシコから南アメリカ北部にかけて分布する。これの果実は卵状木質の殻果で、長さ10~20センチメートル、5室からなり、各室に数個の種子があり、生食または炒って食べる。またココアの代用ともなる。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パキラの関連キーワードブラジルナッツ多羅樹円椎ニューメキシコ鼠子パンの木パンヤメキシコ銀メキシカンメキシコのダンス

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パキラの関連情報