パタン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パタン
ぱたん
Patan

ネパール中部、カトマンズ盆地にある古都。ラリトプールLalitpurともいう。人口16万2991(2001)。カトマンズとバグマティ川を隔てて向かい合う。中世にマッラ三王国の一つとして栄えた。市の中心ダルバール広場には古王宮があり、石造りのクリシュナ・マンディール寺院など先住民ネワールの文化を示す建造物がある。またその南東のマハブッダ寺はれんが造りで1000体の仏を祀(まつ)る。銅、真鍮(しんちゅう)器、木彫り、石細工などの手工業が盛んである。[高山龍三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パタンの関連情報