コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぱたり パタリ

デジタル大辞泉の解説

ぱたり

[副]
物が軽く当たったり倒れたりする音や、そのさまを表す語。「書物をぱたりと閉じる」
続いていた動作が急に途切れるさま。ばったり。はたり。ぱったり。「ぱたり姿を見せなくなる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱたり

( 副 )
軽い物が倒れたり当たったりする音を表す語。ぱたん。 「本を-と閉じる」
戸などをあけたてする音を表す語。 「戸を-と閉める」
急にとだえるさま。ぱったり。ぱたっと。 「笑い声が-とやむ」 「来吉の三味線が-と止む/続風流懺法 虚子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぱたりの関連キーワードぱたんはたり輪作

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぱたりの関連情報