コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パノーワ パノーワ Panova, Vera Fëdorovna

3件 の用語解説(パノーワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パノーワ
パノーワ
Panova, Vera Fëdorovna

[生]1905.3.20. ロストフナドヌー
[没]1973.3.3. レニングラード
ソ連の女流作家第2次世界大戦後,『道連れ』 Sputniki (1946) を発表して文壇的地位を確立。ほかに長編『明るい岸』 Yasnyi bereg (49) ,『四季』 Vremena goda (53) ,『センチメンタルロマン』 Sentimental'nyi roman (58) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パノーワ【Vera Fyodorovna Panova】

1905‐73
ソ連邦の女流作家。17歳から10年以上新聞・雑誌の編集に従事し,1933年から戯曲を書きはじめる。第2次世界大戦中,野戦病院に従軍,その体験を描いた中編《道連れ》(1946)で文名を確立した。さらに長編《クルジリーハ》(1947),《明るい岸》(1949)を発表,いずれも国家賞を受けた。長編《四季》(1953)では家庭生活と愛とモラルの問題を追究し,雪どけ文学のはしりとなった。中編《セリョージャ》(1955),《センチメンタル・ロマン》(1958)は抒情性に富む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パノーワ
ぱのーわ
Вера Фёдоровна Панова Vera Fyodorovna Panova
(1905―1973)

ソ連の女流作家。ロストフ・ナ・ドヌー生まれる。17歳から20余年間マスコミ関係で働きながら文学修業に励む。1944年、従軍記者として前線から傷病兵を後方へ護送する病院列車に乗り込み、その体験を中編『道づれ』(1946)に結実させ、一躍有名作家となる。続いて長編『クルジリーハ』(1947)、中編『明るい岸』(1949)を発表、連続してスターリン賞を受賞。しかし『明るい岸』が「無葛藤(むかっとう)理論」の影響で現実を美化したとすれば、次の長編『四季』(1953)はソ連社会の暗黒面を鋭くえぐり、エレンブルグの『雪どけ』とともに、読書界と論壇に大論争を呼び起こした。その後は少年の魂の成長を描いた佳編『セリョージャ』(1955)、自伝的色彩の強い『感傷的な物語』(1958)を書き、晩年には歴史小説、戯曲、映画シナリオの筆をとった。[箕浦達二]
『井上満訳『道づれ』(1955・岩波書店) ▽工藤精一郎訳『四季』(1956・講談社) ▽金光せつ訳『大好きなパパ』(1984・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パノーワの関連キーワードグレコフソ連イット女流作家ソ連邦ワシレーフスカヤ華の棺ワシレフスカヤシャギニャーンレワルト・シュタール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone