パミール(英語表記)Pamir

大辞林 第三版の解説

パミール【Pamir】

中央アジア南部の高原。海抜7000メートル 級の高峰が連なり、「世界の屋根」といわれる。大部分はタジキスタン共和国に属する。葱嶺そうれい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パミール

(Pamir) 中央アジア南東部の地方。チベット高原の西側に連なり、ヒマラヤ・カラコルム・崑崙(クンルン)・天山(テンシャン)などの山脈が集まる大山系と高原とからなる。大部分はタジキスタン共和国に属し、東部は中国、南部はアフガニスタン領。コングル峰(七七一九メートル)・ムスターグアタ峰(七五四六メートル)・コムニズム峰(七四九五メートル)などの高峰がある。タジク族・キルギス族やイラン系諸族が牧羊を営む。現地人から世界の屋根の意のバーミー‐ドゥンヤ(Bami Dunya)と呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パミールの関連情報