コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラウン族 パラウンぞくPalaung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラウン族
パラウンぞく
Palaung

ミャンマー,シャン高原に住む山岳民族の総称。パラウンはビルマ人による呼称で,自称はタアン Ta-angなど。カトゥール,クンロイ,カンハイ,マンロイ,ルマイ,タウンマ,タアンなどの諸民族が含まれる。中国雲南省にも一部居住しており,総人口は 25万人以上と推定される。言語はモン=クメール語族に属する。茶の栽培で知られていた。北方のカチン族に似た父系の家族制度がみられる地域もあるが,その他はシャン族一般の慣習と類似している。シャン型の仏教が祖先崇拝を基盤とした地方的な祭祀と共存しており,東方に住むワ族と言語的に類似しているが,文化的には大きく相違している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラウンぞく【パラウン族 Palaung】

ミャンマーのシャン州から中国の雲南省にかけて住む民族のビルマ語名。中国では崩竜族と表記する。自称にはルマイRumaiをはじめ数種ある。アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属する言語を話す。人口はミャンマーに約14万,中国に約1万2000といわれる。ミャンマーのトーンペンを中心にし,シャン族と同様の形態の小王国をつくって,みずからの王を頂いていた。言語系統上は東方に住むワ族ときわめて近いが,焼畑耕作を行い,首狩りをしていたワ族と異なり,水稲耕作を営み,平和な上座部仏教徒である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パラウン族の関連キーワードデホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族自治州オーストロアジア語系諸族モン・クメール語族ドゥアン(徳昴)族チャイントンモン族

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android