コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラグアナ半島 パラグアナはんとうPenínsula de Paraguaná

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラグアナ半島
パラグアナはんとう
Península de Paraguaná

ベネズエラ北西部,ファルコン州北部に突出する半島。東はカリブ海,西はベネズエラ湾に面し,半島基部に西からコロ湾が深く湾入するため,本土とは狭い地峡で結ばれる。低平なやせた乾燥地で農業に適さず,かつてはヤギの飼育と沿岸での漁業を主産業とする人口希薄地であったが,ベネズエラの石油産業の発展に伴って半島西岸にアムアイ,カルドンの大製油所が建設され,マラカイボ湖東岸の油田地帯とパイプラインで結ばれて以降,特に 1950~60年代に急速に発展,人口も増加した。精製された石油はここからタンカーで北アメリカやヨーロッパに輸出される。これら製油所を控えて 60年代にプントフィホの町が成長,現在半島最大の都市となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パラグアナ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【パラグアナ半島】

Península de Paraguaná》ベネズエラ北西部にある半島。東のカリブ海、西のベネズエラ湾に挟まれる。本土とは細い砂州によって結ばれる。西岸は大規模な石油精製所と、大型タンカーが入港できる港湾都市プントフィホがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラグアナ半島
ぱらぐあなはんとう
Pennsula de Paraguan

南アメリカ北端部、ベネズエラ北西部の半島。西のグアヒラ半島とともにベネズエラ湾を抱く。砂州によって本土と結ばれた陸繋島(りくけいとう)である。最高点はサンタ・アナ山(815メートル)。熱帯半乾燥気候下にあり、サボテンを交えたまばらな灌木(かんぼく)林に覆われている。半島の西岸には大規模な石油精製所があり、マラカイボ湖の油田地帯から石油、天然ガスのパイプラインが通じている。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パラグアナ半島の関連キーワードシウダードオヘダスリア州アルバ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android