コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラレッド para red

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラレッド
para red

パラニトロアニリンレッドという場合もある。アゾ色素の一つで,赤色から青赤色の有機顔料。パラニトロアニリンをジアゾ化し,β-ナフトールカップリングさせることによって合成する。着色性がよく濃色で,耐光性が高く,耐熱性も良好である。油性塗料に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラレッド【para red】

1880年に発明された有機顔料ないしアゾイック染料。現在も赤色有機顔料として使用されているが歴史的意義が大きい。p‐ニトロアニリンをジアゾ化しβ‐ナフトールにカップリングさせて得られる。アゾイック染料として染めるときは,まずセルロース繊維にβ‐ナフトールのアルカリ水溶液をしみこませる。ついでジアゾニウム塩の水溶液に浸し繊維上でカップリングさせ,不溶性色素を固着させる。この発明により,そのころ高価な茜(あかね)によるトルコ赤が著しく駆逐されたことは有名で,ナフトール染料の開発に連なった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラレッド
ぱられっど
para red

木綿を染色するために、1880年に開発された手法。2-ナフトールのアルカリ溶液を木綿にしみ込ませたのち、ジアゾ化したp(パラ)-ニトロアニリンとカップリングさせれば、繊維上で赤色の不溶性アゾ色素が生成する。この手法は、2-ナフトールが木綿に直接性をもたない欠点があるため、現在では用いられていない。このかわりに、木綿に直接性をもつ2-ヒドロキシ-3-ナフトエ酸アニリド(ナフトールAS類)が発明された。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パラレッドの関連キーワード発煙剤花火

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android