パルミラの遺跡(読み)パルミラのいせき

世界遺産詳解「パルミラの遺跡」の解説

パルミラのいせき【パルミラの遺跡】

1980年に登録されたシリアの世界遺産(文化遺産)。首都ダマスカスの北東約230km、シリア砂漠の中央にあるローマ帝国の属州時代の都市遺跡。「パルミラ」はここを支配したギリシア人が名づけたもので、古名は現在のアラブ名と同じ「タドモル」だった。この地域はローマ帝国領だった紀元前1~後3世紀までは、シルクロードの隊商都市として発展した都市国家だったが、3世紀半ば、ローマ帝国の混乱に乗じて、パルミラ王国が建国された。しかしローマからの分離・独立を図ったゼノビア女王は、ローマ軍の捕虜になり王国は滅亡、都市は廃墟となった。その後は、東ローマ(ビザンチン)帝国やイスラム帝国の要塞として使われ、今日に至る。遺跡はローマ帝国時代のものがほとんどで、凱旋門、列柱付き大通り、コリント式の円柱に囲まれたベル神殿、半円形のローマ劇場、公共浴場、墓地の谷などがあるが、2011年以降に内戦状態になったシリアで治安の悪化が進み、少なくとも4基の墓の彫像石棺などの盗掘が確認され、2013年に危機遺産リストに記載された。◇英名はSite of Palmyra

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android