パルミラ遺跡(読み)パルミラいせき(英語表記)Palmyra

翻訳|palmyra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パルミラ遺跡」の解説

パルミラ遺跡
パルミラいせき
Palmyra

シリア南部,ダマスカスから北東約 210kmのシリア砂漠にあるローマ時代の都市遺跡。前1世紀頃からユーフラテス川地中海を結ぶ貿易路の中間に位置するオアシス都市タドモルとして繁栄した。3世紀には小アジアからエジプトにまたがる隊商帝国を形成した女王ゼノビアがローマからの独立を宣言したが,ローマのアウレリアヌス帝によって滅ぼされた。残存する遺構はコリント式オーダーのバール神殿ベル神殿)をはじめ,バール・シャミン神殿,列柱通路,四面門,アゴラ,墓地などで,ヘレニズムの建築様式(→ヘレニズム文化)を示している。この時代の墳墓は塔状の住居型墓と地下式墓がある。墓には死者の胸像や神像などを高浮彫(→浮彫)で表現したものが多く,東西両文明の影響を物語っている。1980年世界遺産の文化遺産に登録。観光地として人気を集めていたが,2011年に勃発したシリア内戦の激化をうけ,2013年危機遺産に登録された。2015年,過激派組織「イスラム国」によってバール神殿,バール・シャミン神殿,列柱通路の凱旋門などが爆破された。(→パルミラ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵mini「パルミラ遺跡」の解説

パルミラ遺跡

シリア・アラブ共和国中部のパルミラにある遺跡群。「パルミラ」の名はギリシャ語でナツメヤシを意味する「パルマ」が起源とされる。紀元前1世紀から後3世紀頃にシルクロードの交易拠点として繁栄した都市の跡で、古代ローマ時代の神殿や列柱道路、円形劇場などが残されている。1980年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産に登録された。同国の治安悪化により2013年に危機遺産リストに記載され、15年6月現在、過激派組織IS(イスラミックステート)の支配下に置かれている。

(2015-6-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android