パーキンソン(英語表記)Parkinson, Cyril Northcote

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パーキンソン」の解説

パーキンソン
Parkinson, Cyril Northcote

[生]1909.7.30. バーナードキャッスル
[]1993.3.9. カンタベリー
イギリスの歴史学者,経営研究者。ロンドンのキングズ・カレッジ卒業。リバプール大学を経て,マラヤ大学教授 (1950~58) ,ハーバード大学 (58) ,イリノイ大学 (59) ,カリフォルニア大学 (60) の客員教授をつとめ,その後は経営コンサルタント。主著"Trade in the Eastern Seas" (37) ,『パーキンソンの法則』 Parkinson's Law (57) ,"The Evolution of Political Thought" (59) など。

パーキンソン
Parkinson, James

[生]1755.4.11. ホクストン
[没]1824.12.21. ロンドン
イギリスの外科医,古生物学者。ロンドンで開業し,1817年パーキンソン病を記載した。これは現在パーキンソン症候群といわれているものとほぼ同じ振戦麻痺である。医学のほか化石に興味をもち,地質学や古生物学にも貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「パーキンソン」の解説

パーキンソン(Cyril Northcote Parkinson)

[1909~1993]英国の歴史・政治学者。現代社会の組織の諸現象を分析し、パーキンソンの法則提唱、官僚組織の弊害に警鐘を鳴らした。

パーキンソン(James Parkinson)

[1755~1824]英国の医師。1817年、パーキンソン病を初めて報告した。アマチュアの古生物学者でもあった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android