コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーキンソン パーキンソン Parkinson, Cyril Northcote

5件 の用語解説(パーキンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーキンソン
パーキンソン
Parkinson, Cyril Northcote

[生]1909.7.30. バーナードキャッスル
[没]1993.3.9. カンタベリー
イギリスの歴史学者,経営研究者。ロンドンのキングズ・カレッジ卒業。リバプール大学を経て,マラヤ大学教授 (1950~58) ,ハーバード大学 (58) ,イリノイ大学 (59) ,カリフォルニア大学 (60) の客員教授をつとめ,その後は経営コンサルタント

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パーキンソン
パーキンソン
Parkinson, James

[生]1755.4.11. ホクストン
[没]1824.12.21. ロンドン
イギリスの外科医,古生物学者。ロンドンで開業し,1817年パーキンソン病を記載した。これは現在パーキンソン症候群といわれているものとほぼ同じ振戦麻痺である。医学のほか化石に興味をもち,地質学や古生物学にも貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パーキンソン(Cyril Northcote Parkinson)

[1909~1993]英国の歴史・政治学者。現代社会の組織の諸現象を分析し、パーキンソンの法則を提唱、官僚組織の弊害に警鐘を鳴らした。

パーキンソン(James Parkinson)

[1755~1824]英国の医師。1817年、パーキンソン病を初めて報告した。アマチュアの古生物学者でもあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

パーキンソン【Parkinson】

〔Cyril Northcote P.〕 (1909~1993) イギリスの社会学者。現代社会の組織の中の諸現象を鋭く分析。
〔James P.〕 (1755~1824) イギリスの医師・古生物学者。1817年、パーキンソン病について初めて記載。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーキンソンの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーキンソンの関連情報