パーセク(英語表記)parsec

翻訳|parsec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーセク
parsec

天文学において恒星など太陽系外の天体間の距離を表わすのに用いられる長さの単位。記号は pc 。 1pc は 1AU (→天文単位 ) に対し視差1秒の角をつくる距離であって,20万 6265AU,3.2617 光年,3.0857×1016m に相当する。 parsecは parallax secondの略語。視差 π 秒の天体までの距離は (1/π)pc である。たとえばシリウスは 0.377 秒の視差をもつので,距離 2.65pc にある。また恒絶対等級は標準距離 10pc からの見かけの明るさの等級である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パーセク(parsec)

天体の距離を示す単位の一。年周視差が1秒に相当する距離を1パーセクとし、30兆8600億キロ、3.259光年に等しい。記号pc

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

パーセク

天文学で用いる距離の単位。per secondの略で記号psc。年周視差1秒に対応する距離で,3.26光年=3.08×1013kmに等しい。年周視差α秒の天体の距離は1/αパーセク。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パーセク【parsec】

天体の距離の単位の一つ。パララックスparallax(視差)とセカンドsecond(角度の秒)とを合成したことばで,年周視差がちょうど1秒である距離をいう。pcと略記する。つまり,太陽のまわりを公転する地球の軌道の平均半径(1.496×108km)を角度1″のラジアンで割った数値で,1pc=3.08×1013km=3.26光年である。なお,星の発光能力を表す絶対等級は,距離10pcを標準とする定義になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パーセク【parsec】

天文学で用いる距離の単位。1パーセクは年周視差1秒角に当たる距離で、約3.26光年または約30兆8600億キロメートル。 → 光年

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーセク
ぱーせく
parsec

天文学において太陽系外の天体までの距離を測る単位の一つ。記号はpc。1パーセクは、1天文単位=1.50億キロメートルが角度の1秒を張る距離で、31兆キロメートルに相当する。光年(光が1年かかって進む距離)を用いると1パーセク=3.26光年である。[木下 宙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android