コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光年 こうねんlight-year

翻訳|light-year

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光年
こうねん
light-year

天文学において恒星間の距離などを表わすのに用いられる長さの単位。1光年は光が宇宙空間を1年間に進む距離で,0.30659pc (パーセク ) ,6万 3238AU (天文単位 ) ,9.4605×1015m に相当する。恒星シリウスまでの距離は約 8.7光年,銀河系の有効直径は約 10万光年である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐ねん〔クワウ‐〕【光年】

太陽系以外の天体の距離を表す単位。光が真空中を1年の間に進む距離。1光年は約9兆4600億キロメートル。→天文単位
[補説]国際天文学連合IAU)では、1年を1ユリウス年、すなわち365.25日(31557600秒)と定義している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

光年【こうねん】

光が真空中を1年間に進む距離。9.46×1012km。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうねん【光年 light year】

光が真空中を1年かかって伝わる距離。すなわち1光年=9.46×1012km=6万3200天文単位=0.307パーセクである。太陽系から最も近距離の恒星(ケンタウルス座α星)は約4.3光年,銀河系の直径は10万光年,望遠鏡で撮影できる最も遠距離の銀河系外天体は数十億光年の距離にある。一般に,距離x光年の天体を観測することは,その天体のx年だけ昔のようすを観測しているわけで,タイムトンネルの効果があるといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうねん【光年】

天文学で用いる距離の単位。光が一年間に進む距離にあたる。約9兆4600億キロメートル。 → パーセク

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光年
こうねん
light year

天文学で用いられている長さの単位の一つ。光が真空中を1年かかって進む距離を1光年という。光の速度は毎秒30万キロメートルであるから、1光年は9兆4600億キロメートルに相当する。光年はもっぱら太陽系外の天体までの距離を表すのに用いられている。太陽系にもっとも近い恒星ケンタウルス座α(アルファ)星(日本からは見えない)は太陽から4.3光年、銀河系円盤の半径は約5万光年で、太陽系は銀河系の中心から約3万光年のところに位置している。われわれの銀河系からアンドロメダ銀河までの距離は約230万光年である。[木下 宙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

光年の関連キーワードオメガ・ケンタウリ星団プロキシマケンタウリケンタウルス座α星カリフォルニア星雲光と光技術の国際年さんかく座渦状銀河グレートウォールフォーマルハウト北アメリカ星雲プレアデス星団オリオン大星雲ソンブレロ銀河ヒヤデス星団プレセペ星団銀河系外天体小マゼラン雲大マゼラン雲アルデバランコル・カロリふくろう星雲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光年の関連情報