コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエガエリ Polypogon fugax Nee ex Steud.

2件 の用語解説(ヒエガエリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒエガエリ【Polypogon fugax Nee ex Steud.】

野原の日当りのよい湿った所に見られるイネ科の一・二年草(イラスト)。茎はひげ根があって,多少,叢生(そうせい)し,短く横にはった下部から節で折れ曲がりながら立ち上がり,高さは20~40cm。葉は線形で,長さ5~15cm,幅4~8cm,やや軟らかく,白っぽい緑色である。5~6月ころ,茎の先に円錐花序を出す。花序は円柱形で,下方が断続するほか,密に小穂をつけ,長さ5~8cm,幅1~3cmで,紫色を帯びた淡緑色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒエガエリ
ひえがえり / 稗還
ditch polypogon
[学]Polypogon fugax Steud.

イネ科の一年草。稈(かん)は株立ちし、高さ20~50センチメートル。4~7月、稈頂に小穂を密生し、小穂柄の先端が棍棒(こんぼう)状に太くなる円錐(えんすい)花序をつける。小穂は楕円(だえん)形で長さ2~2.5ミリメートル、多少毛があり、1個の小花がある。包穎(ほうえい)は小花の2倍の長さで、主脈は芒(のぎ)に終わる。護穎は卵形で、先端は直立する芒になり、5本の脈がある。湿った日当りのよい庭先や平地に生え、本州から沖縄、および朝鮮半島、中国に分布する。名は全体が小さいが、ヒエによく似ているので、ヒエが変わってできたものという意味。近縁種ハマヒエガエリは芒が包穎の2~4倍も長く、円錐花序が密生、収縮して円柱状となる。海近くの湿地に生え、本州から沖縄、およびユーラシア大陸に広く分布する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒエガエリの関連キーワード白樺梅鉢草大桜草歌仙草日照子当り狂言大油薄突当り手当り日当り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒエガエリの関連情報