コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオドシエビ ヒオドシエビ Acanthephyra purpurea

2件 の用語解説(ヒオドシエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオドシエビ
ヒオドシエビ
Acanthephyra purpurea

軟甲綱十脚目ヒオドシエビ科 Oplophoroidea。体長約 12cmで,一様に濃赤色。深海性エビの代表種で,甲殻は比較的やわらかい。額角は頭胸甲とほぼ等長で,まっすぐ突き出し,上縁に 9~13棘,下縁に 4~5棘をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒオドシエビ【Acanthephyra purpurea】

十脚目ヒオドシエビ科の甲殻類(イラスト)。深海遊泳性のエビで,体長12cmに達する。潜在的な水産資源として有望とされているが,現在は未開発である。太平洋インド洋大西洋に共通する種で,日本近海にも多い。生きているときは一様に濃い赤色。これが緋縅(ひおどし)の色のようだというのでこの名がある。水深200~5000mからの採集記録があり,日周期性の深浅移動をするものと推定される。日中は多くは900~1800mで採集されるが,夜間は一般にそれよりも浅い層へ移動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒオドシエビの関連キーワード伊勢海老蝲蛄虎海老沼海老桜蝦猩猩蝦条蝦糠蝦藻蝦横蝦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone