コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒオドシエビ ヒオドシエビAcanthephyra purpurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒオドシエビ
Acanthephyra purpurea

軟甲綱十脚目ヒオドシエビ科 Oplophoroidea。体長約 12cmで,一様に濃赤色。深海性エビの代表種で,甲殻は比較的やわらかい。額角は頭胸甲とほぼ等長で,まっすぐ突き出し,上縁に 9~13棘,下縁に 4~5棘をもつ。日中は水深 900~1800mから採集されるが,夜間は水深 900m以浅に浮上する。稚エビは成体よりも上層に多く,水深 900~1300mに分布する。胸脚に発光器をもち,刺激を受けると発光する。太平洋インド洋大西洋に生息する。ヒオドシエビ科はいずれも深海中層性で,甲殻がやわらかい。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒオドシエビ【Acanthephyra purpurea】

十脚目ヒオドシエビ科の甲殻類(イラスト)。深海遊泳性のエビで,体長12cmに達する。潜在的な水産資源として有望とされているが,現在は未開発である。太平洋,インド洋,大西洋に共通する種で,日本近海にも多い。生きているときは一様に濃い赤色。これが緋縅(ひおどし)の色のようだというのでこの名がある。水深200~5000mからの採集記録があり,日周期性の深浅移動をするものと推定される。日中は多くは900~1800mで採集されるが,夜間は一般にそれよりも浅い層へ移動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒオドシエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android